貸出

台湾国家図書館、公共図書館の利用状況等に関する報告書(2020年)を発表

2021年3月19日、台湾国家図書館が、2020年の公共図書館の利用状況等に関する報告書『109年臺灣閲讀風貌及全民閲讀力年度報告』を発表していました。

公共図書館の来館者数は延べ7,969万人(前年比30.59%減)で、本を借りた人数は延べ2,220万人(前年比3.27%減)、貸出冊数は8,015万冊(前年比1.41%減)となっており、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて数値が前年から減少しています。一方で、電子書籍の貸出冊数は363万冊(前年比42.35%増)に達しました。

2020年の貸出統計に基づいた人気図書のランキング(総合及びジャンル別)も掲載されており、総合ランキング第1位は米国の作家ジェフ・キニー氏の『グレッグのダメ日記』シリーズでした。日本関係書籍では『假面飯店』(東野圭吾氏の『マスカレード・ホテル』の中国語版)が第9位となっています。

また、本報告書には、「閲讀力」(読書力)の2020年調査結果もまとめられており、地域別の一人当たり平均蔵書数・貸出冊数・来館回数や、貸出カードの所持率などが紹介されています。

米・ニューヨーク公共図書館(NYPL)、舞台芸術家が作品を記録・公開するためのツールキットの貸出を開始

米・ニューヨーク公共図書館(NYPL)の舞台芸術図書館(Library for Performing Arts)は、2021年3月24日付けのfacebookでの投稿において、舞台芸術家(Performing Artists)が作品を記録・公開するためのツールキット“Tech Kits for Performing Artists”の貸出開始を発表しています。

同ツールキットは、iPad Pro、キーボード付きのiPad用ケース、マウス、USBマイク、ワイヤレスヘッドフォン、USBハブ、スマートフォン用三脚付きLEDライト、ケーブル及び充電器、MIDIキーボードからなります。18歳以上でNYPLの利用者カードを持っていれば誰でも利用可能であり、貸出期間は1か月から3か月の間とあります。

発表では、同ツールキット貸出開始の背景として、新型コロナウイルス感染症の流行によって舞台芸術家の収入機会が大幅に減少したことや、パフォーマンスやオーディション、授業のオンライン化が進んだことにより在宅で利用できる技術リソースがますます重要となっていることを挙げています。

神奈川大学みなとみらいキャンパス図書館、スマートフォンアプリを使用した図書の貸出サービスを実施:貸出サービスを省力化し、リエゾン・ライブラリアンを配置

2021年4月2日、神奈川大学は、みなとみらいキャンパス図書館で、スマートフォンアプリを使用した図書の貸出サービスを実施することを発表しました。

カウンターに立ち寄ることなく図書の貸出手続きが可能であり、導入の背景として、利用者にとってのストレスフリーな手続きの実現、新型コロナウイルス感染症対策が挙げられています。

また、従来カウンターで行っていた業務量の削減が期待できるため、同館では、各学部と図書館をつなぐ「リエゾン・ライブラリアン」を配置すると述べられています。

日本の大学で初!スマートフォンアプリから図書の貸出を行うサービスをみなとみらいキャンパスで開始!(神奈川大学, 2021/4/2)
https://www.kanagawa-u.ac.jp/pressrelease/details_21528.html

米国における電子書籍貸出の最新動向:米・メリーランド州の法案等(記事紹介)

国際図書館連盟(IFLA)著作権等法的問題委員会(CLM)のページに、2021年4月6日付けでIFLAが行ったインタビュー記事“Promise, progress... and persistent problems: catching up on the situation for eLending in the United States”が掲載されています。米国における電子書籍貸出(eLending)の最新動向について、米国図書館協会(ALA)のSari Feldman氏、Alan Inouye氏に尋ねています。

2020年4月にも、IFLAは同じテーマでSari Feldman氏にインタビューを行っていました。今回のインタビューでは、前回インタビュー以降の11か月間における主要な進展を扱っており、新型コロナウイルス感染症流行下における出版社の対応や、Amazon刊行の電子書籍が図書館向けに販売されていない問題等に言及しています。

滋賀県立図書館、東近江市産スギ材を用いた紙芝居用木製舞台の貸出を開始

2021年4月2日、滋賀県立図書館が、児童室において、東近江市産スギ材を用いた紙芝居用木製舞台の貸出を開始したと発表しています。B4紙芝居枠1台、大型紙芝居枠1台に2台が用意されています。

同館の貸出券があれば誰でも利用可能で、図書資料と同様の貸出し条件(3週間)となっています。

この他、B4サイズの舞台(童心社製)3台も利用できます。

【お借りいただけます】紙芝居用木製舞台(東近江市産スギ材)を用意しました(滋賀県立図書館,2021/4/2)
http://www.shiga-pref-library.jp/archives/topics/20210402/

韓国教育学術情報院(KERIS)、報告書『2020年大学図書館統計分析および教育・研究成果との関係分析』を公開

2021年4月7日、韓国教育学術情報院(KERIS)が、教育部と共同で、報告書『2020年大学図書館統計分析および教育・研究成果との関係分析』を公開したと発表しています。

KERISでは2009年から毎年、大学図書館の蔵書・利用・資料購入費等の現状調査を行っています。同報告書は、全国433大学を対象に2020年の現況調査を実施するとともに、最近10年間の変化を分析し、大学図書館の現況と教育・研究成果への影響の要因を調査したものです。

主要な分析結果として、

・学生1人当たりの年間購入冊数は10年間で大きな変化はないものの、学生1人当たりの貸出冊数は約50%減少している。減少の要因として、学生が電子書籍を利用するようになったことや、講義においても電子資料や動画といった資料が多く活用されるようになったことがある。

・学生1人当たりの資料購入費は10年間で大きな変化はなかったが、電子資料の購入費の平均額は50%増加し、電子資料購入費が大学の2020年度の資料購入費の約69%を占めている(2011年は49%)。

米・ボストン公共図書館、ノートパソコンやモバイルルーター等をセットにした“Chromebook Home Connectivity Kit”の貸出を開始:デジタル・ディバイドの解消に向けた取組

2021年4月7日、米・ボストン公共図書館(BPL)は、4月4日から10日にかけて開催される2021年の「全米図書館週間」(National Library Week)に合わせ、デジタル・ディバイドの解消に向けた新たな取組を開始することを発表しました。ボストン市が進める「デジタル平等」(digital equity)実現のための取組に沿ったものです。

新たな取組には、“Chromebook Home Connectivity Kit”の貸出開始や、分館5館における屋外でのWi-Fi提供の開始が含まれています。なお、分館の屋外でのWi-Fi提供は、今回の開始分を含めると合計14館で行われています。

“Chromebook Home Connectivity Kit”は、収納用のバッグ、クイックスタートガイド、ノートパソコン(Chromebook)、充電コード、マウス、モバイルルーターからなり、利用者の自宅等でのインターネットへのアクセスを可能にします。利用者が自身のPC端末を所有している場合、モバイルルーターのみの貸出オプションも設けられています。BPLのどの館でも借用可能であり、最長1週間利用できますが、貸出期間が終了すると機器の機能が無効化されます。

静岡県庁で、静岡県立中央図書館の資料の受取が可能に

2021年3月24日、静岡県立中央図書館は、4月9日から静岡県庁で同館の資料の受取が可能になると発表しています。

インターネット予約により同館資料を市町立図書館等で受け取ることができるサービスの受取館に静岡県庁を追加したもので、県庁の行政資料コーナーである県民サービスセンターで受け取ることができます。

「お知らせ」記事一覧(静岡県立中央図書館)
https://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/info/index.html
※2021年03月24日欄に「市町立図書館等受取サービスの受取館追加等について」とあります。

飯能市立図書館(埼玉県)、返却資料の36時間の隔離措置を中止:日本図書館協会(JLA)による最新の「図書館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」等を反映

埼玉県の飯能市立図書館は、2021年3月23日以降、新型コロナウイルス感染症対策として実施していた、返却済図書館資料の36時間の隔離措置を取りやめることを発表しました。

同館は、日本図書館協会(JLA)による「図書館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」等を参考に感染症対策を行っています。同館は隔離措置を取りやめる背景として、従来の同ガイドラインでは、感染対策として24時間から72時間程度の資料の隔離が有効であるとされていましたが、新たに改訂されたガイドラインにおいて隔離に関する見解が変更されたことを挙げています。

JLAによる最新の同ガイドラインで、ウイルスの不活性化に要する時間は1時間から6時間程度とする専門家の見解と、資料の利用前後の手洗い・手指消毒の徹底の重要性が示されたことを踏まえて、同館は利用者の利便性等を考慮した結果、返却資料の隔離措置を取りやめることにした、と説明しています。

図書館資料の36時間待機(隔離)措置の取りやめについて(飯能市立図書館)
http://www.hanno-lib.jp/topics/post-338.html

恵庭市立図書館恵庭分館(北海道)、リニューアルオープン:資料の貸出に手のひら静脈認証システムを導入

北海道の恵庭市立図書館恵庭分館が2021年3月2日にリニューアルオープンし、IC貸出システム(手のひら認証システム)を導入しました。

導入に伴い、同館の貸出冊数の上限が10冊となっています。利用者カードによる貸出も引続き可能です。

その他、リニューアルにあたっては、ICタグの導入、電子資料閲覧用のタブレットや新聞閲覧用モニターの設置、テーマ別での本の排架等も行われています。

恵庭分館のリニューアルについて(恵庭市立図書館/図書館流通センター,2021/2/26)
https://eniwa-library.jp/archives/2984/

ページ