読書

国立青少年教育振興機構、「子供の頃の読書活動の効果に関する調査研究報告(速報版)」を公開

2019年12月24日、国立青少年教育振興機構は、「子供の頃の読書活動の効果に関する調査研究報告(速報版)」の公開を発表しました。

「調査結果の概要」には、「本研究の概要」と「主な調査結果」が掲載されています。「本研究の概要」によると、子供の頃の読み聞かせや読書活動の実態、読書活動が大人になった現在の「自己理解力」、「批判的思考力」、「主体的行動力」といった意識・非認知能力に与える影響を検証するために、全国の 20代から60代の男女5000 人(各年代男女500 人ずつ)を対象にインターネット調査を実施したものです。

「主な調査結果」では、次の3点が紹介されています。

・本(紙媒体)を読まなくなった人は、年代に関係なく増加している。
・一方で、携帯電話やスマートフォン、タブレットなどのスマートデバイスを用いて本を読む人の割合は増えている。
・読書のツールに関係なく、読書している人はしていない傾向がある人よりも意識・非認知能力が高い傾向があるが、本(紙媒体)で読書している人の意識・非認知能力は最も高い傾向がある。

浦安市(千葉県)、「(仮称)浦安市子ども図書館基本計画(案)」への意見を募集中

千葉県の浦安市が、「(仮称)浦安市子ども図書館基本計画(案)」への意見を募集中です。

同計画は、子どもの自主的な読書活動や、交流を促進する場となる(仮称)浦安市子ども図書館の整備に向けて策定されるもので、募集期間は2019年12月15日から2020年1月14日までです。

(仮称)浦安市子ども図書館基本計画(案)(浦安市, 2019/12/15)
http://www.city.urayasu.lg.jp/shisei/kocho/public/boshu/1027846.html

参考:
E2207 - IFLA「児童図書館サービスのためのガイドライン」の改訂
カレントアウェアネス-E No.381 2019.12.05
https://current.ndl.go.jp/e2207

E2210 - ABDという新たな読書法:本は人を結ぶ縁結びの神様

島根大学図書館コンシェルジュ(以下「コンシェルジュ」)は,その活動の一つとしてアクティブ・ブック・ダイアログ(ABD)というイベントを2018年度から継続的に行っている。本稿では,ABDを実施するようになった背景,筆者(田中)が島根大学附属図書館(以下「図書館」;島根県松江市)ラーニングコモンズにて2019年10月5日に実施したABD「10年後の仕事図鑑」について報告する。

群馬県、「群馬県読書活動推進計画」原案に関する意見を募集中

2019年12月16日、群馬県教育委員会事務局生涯学習課は、同県内に在住、在勤又は在学する個人、県内に事務所又は事業所を有する法人や団体を対象として、「群馬県読書活動推進計画」原案に関する意見募集を開始しました。募集期間は2020年1月15日までであり、2020年2月頃の結果公表を予定しています。

現行の「群馬県子ども読書活動推進計画(第3次)」が終期を迎えることから、2018年4月に閣議決定された「子供の読書活動の推進に関する基本的な計画(第4次)」を基本とし、2019年4月から試行された「群馬県民の読書活動の推進に関する条例」の趣旨を踏まえ、新たに計画を策定するものです。計画の対象となる期間は2020年4月1日から2025年3月31日までとなっています。

計画原案には、具体的な取組として、公立図書館や公民館等を拠点とした読書環境の整備を通じた「地域における読書活動の推進」や、障害の有無に関わらず全ての県民が読書に親しめるように読書環境の整備を行う「読書活動におけるバリアフリー」等の5点が挙げられています。

奈良県王寺町、町内の3小学校・2中学校の図書室に「雪丸図書システム」を導入:貸出・返却時に同町公式キャラクター「雪丸」が児童・生徒に語りかけ

2019年12月6日に発行された奈良県王寺町の広報紙・広報おうじ『王伸』の第704号において、同町が10月から町内の3小学校・2中学校の全ての図書室で、児童・生徒だけで図書の貸出や返却・蔵書検索等が可能な「雪丸図書システム」を導入したことが紹介されています。

「雪丸図書システム」は、ぬいぐるみの形をした同町公式キャラクター「雪丸」のロボットが図書の貸出や返却の際に、児童・生徒の名前を読み上げたり、話しかけたりするものです。

報道によると、「雪丸ロボット」は同町の町立図書館で会話や絵本の読み聞かせをするぬいぐるみと同じタイプであり、児童・生徒が通いたくなる学校図書室作りと読書習慣の定着を目指して導入された取り組みです。

広報おうじ「王伸」 No.704 [PDF:13.7MB](王寺町,2019/12/6)
http://www.town.oji.nara.jp/material/files/group/2/191206_A3.pdf#page=9
※p.16に「学校図書室に雪丸図書システム導入」とあります。

全国学校図書館協議会(全国SLA)、2020年にリニューアル予定の「日本絵本賞」へ意見・要望を募集

2019年12月10日、全国学校図書館協議会(全国SLA)は、2019年12月末日までリニューアル予定の「日本絵本賞」への意見・要望を募集していることを発表しました。

「日本絵本賞」は、1年間に日本で出版された絵本の中から、特に優れた絵本に「日本絵本賞大賞」、優れた絵本に「日本絵本賞」、翻訳絵本の優れた絵本に「日本絵本賞翻訳絵本賞」、読者投票によって選ばれた絵本に「日本絵本賞読者賞」を授与するもので、1995年から全国SLAが実施しています。全国SLAは設立70周年・同賞の25回目の節目となる2020年に賞をリニューアルする予定です。

賞のリニューアルに伴って、読者賞投票の実施時期・スケジュール、投票方法等を再検討し、より広く絵本読書に親しめるように、候補絵本の発表や投票締め切り等について、取り組みやすい時期・方法、実践校への参加方法など、学校現場からの意見・要望を募集することが発表されています。賞への意見・要望はメールで受け付けされています。

柏市教育委員会(千葉県)、市立図書館本館の書棚をプロデュースする「市内中学生おすすめ本展示プロジェクト」を実施:地元の書店との連携企画

千葉県の柏市教育委員会が、「市内中学生おすすめ本展示プロジェクト」を実施すると発表しました。

市内の中学校の代表が、柏市立図書館本館の書棚をプロデュースするもので、以下の手順で2019年12月15日に実施されます。

1.グループで「おすすめ本」の紹介を行うとともに意見交換をし、交流を図る。
2.講師(市内書店の店長)から本の魅力の伝え方を学び、自分のおすすめ本のPOPを作成する。
3.本の効果的な展示方法をみんなで考え、実際に棚づくりを行う。
4.成果物(作成した本棚)を、本館に設置する。併せて、ポスターと報告書を作成し、分館や学校図書館等に配布する。

図書館本館での展示は12月24日からです。

市立図書館初の書店とのコラボ企画中学生による図書館本館 書棚まるごとプロデュース(令和元年12月9日発表)(柏市, 2019/12/10)
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/020300/p053079.html

来館者が気に入った椅子を見つけて投票する沖縄県立図書館の展示「おきなわの木・いす展」の投票結果が発表される

2019年11月26日、沖縄県は、2019年10月16日から11月11日まで沖縄県立図書館で開催された展示「おきなわの木・いす展」について、来館者による「わたしの好きな椅子」への投票で上位となった三作品を発表しました。投票総数は843票でした。

上位三作品の写真や製作者名、寄せられたコメント等も公開されているほか、2019年11月27日から12月12日まで、沖縄県立図書館内で三作品の展示も行われます。

「おきなわの木・いす展」順位発表について(沖縄県, 2019/11/26)
https://www.pref.okinawa.jp/site/norin/shinrin/shigen/okinawanokiisutennzixyunni.html

カナダの出版団体BookNet Canada、読書会に関する調査報告書“Reading Together: Book Clubs in Canada”を刊行

2019年11月20日、カナダの出版団体BookNet Canadaが、読書会(book club)に関する調査報告書“Reading Together: Book Clubs in Canada”を刊行しました。

報告書本文は有料ですが、プレスリリースでは、

・カナダの本の購買者のうち、読書会や読書グループに所蔵している割合が、2018年から2019年の最初の9か月の間に、7%から14%に増加した。

・有名人による読書会が近年流行しているが、読書会の会員で、有名人の読書会に参加しているのは半分以下(47%)である。

・有名人の読書会に参加している人のなかでは、オプラ・ウィンフリー氏(46%)、エマ・ワトソン氏(26%)、エマ・ロバーツ氏(20%)、サラ・ジェシカ・パーカー氏(17%)、リース・ウィザースプーン氏(17%)の順で人気である。

・読書会の参加目的は、本について会話するため(64%)、新しい本に触れるため(56%)、新しい友人に出会うため(50%)、友人と交流するため(39%)、世間話をするため(31%)の順となっている。

・読書会の対象となった本を知った場所は、口コミ(52%)、書店(49%)、図書館(44%)の順番である。

株式会社キャリアパワー、第1回「私の図書館(本)」川柳コンテストの最優秀作品・優秀作品を発表

株式会社キャリアパワーは、2019年11月22日付けの記事「第21回図書館総合展に出展しました」において、第21回図書館総合展での投票により決定された第1回「私の図書館(本)」川柳コンテストの最優秀作品・優秀作品を紹介しています。

株式会社キャリアパワー
https://www.careerpower.co.jp/
※「NEWS & TOPICS」の2019年11月22日付けの記事に「第21回図書館総合展に出展しました」とあります。

第21回図書館総合展に出展しました(株式会社キャリアパワー)
https://www.careerpower.co.jp/service/news191120/

「私の図書館(本)」川柳コンテスト 順位発表!! (株式会社キャリアパワー)
http://154450.com/senryu_result/

ページ