読書

韓国国立中央図書館(NLK)、人文学的名所への訪問イベント「人文列車」に替わり、公式YouTubeチャンネルで動画「私の本、私の人文紀行」を5回にわたり配信

2021年4月23日、韓国国立中央図書館(NLK)は、同館の公式YouTubeチャンネルで、動画「私の本、私の人文紀行」を配信すると発表しています。人文学的名所への訪問イベント「人文列車」を、コロナ禍における非対面の様式にあわせて計画されたものです。

2021年は、5回(4月・5月・7月・9月・11月)、動画の配信と現地に関する図書2冊の紹介を行います。4月23日に配信された第1回目は忠清南道編です。

コロナ禍の状況によって、一般の人を募集して一緒に訪問することも計画されています。また、専門家や同館の司書が推薦する図書を対象とした読書感想文イベントが並行して実施される予定です。

인문기행과 함께라면 어려운 책도 쉽게 읽혀요(人文紀行と一緒であれば難しい本も簡単に読めます)(NLK,2021/4/23)
https://www.nl.go.kr/NL/contents/N50603000000.do?schM=view&id=38564&schBcid=normal0302

NPOブックスタート、「多言語対応 絵本紹介シート」の改訂版を作成

NPOブックスタートが、2021年4月に発行した「ブックスタート・ニュースレター」72号の中で、「多言語対応 絵本紹介シート」の改訂版を作成したことを発表しています。

同シートは、地方公共団体のブックスタート事業で手渡される絵本の候補として、3年ごとに選考が行われる「ブックスタート赤ちゃん絵本」30タイトルについて、同法人が地方公共団体担当者向けに作成しています。

今回の改訂では、提供タイトルの変更に伴い全体のリニューアルが行われ、東京外国語大学の「言語文化サポーター」が翻訳に協力したと述べられています。また、「やさしい日本語」を意識した文章を記載していること、新たにネパール語を追加し9か国語に対応していること、日本語で読みたい保護者向けに各言語の発音に合わせたアルファベット表記を採用していること等が紹介されています。

お知らせ(NPOブックスタート)
https://www.bookstart.or.jp/
※2021年4月12日の欄に「ニュースレター2021年春号をアップしました」とあります。

フランス・出版協会ら、印刷本・電子書籍・オーディオブックの利用に関する調査結果の2020年版を公開

2021年4月12日、フランスの出版協会(Syndicat national de l'édition:SNE)、フランス文芸著作者利益協会(Société française des intérêts des auteurs de l'écrit:SOFIA)、文学者協会(Société des gens de lettres:SGDL)により、印刷本・電子書籍・オーディオブックの利用に関する調査結果の2020年版が公開されました。

報告書には、2021年1月11日から1月16日にかけて実施された、読書の普及状況と読書をする人のプロフィールに関する2,010人を対象とした電話質問調査と、1月25日から2月8日にかけて実施された、読書行動や期待に関する3,077人を対象としたオンライン調査の結果がまとめられています。いずれの調査も、15歳以上を対象としています。

台湾国家図書館、公共図書館の利用状況等に関する報告書(2020年)を発表

2021年3月19日、台湾国家図書館が、2020年の公共図書館の利用状況等に関する報告書『109年臺灣閲讀風貌及全民閲讀力年度報告』を発表していました。

公共図書館の来館者数は延べ7,969万人(前年比30.59%減)で、本を借りた人数は延べ2,220万人(前年比3.27%減)、貸出冊数は8,015万冊(前年比1.41%減)となっており、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて数値が前年から減少しています。一方で、電子書籍の貸出冊数は363万冊(前年比42.35%増)に達しました。

2020年の貸出統計に基づいた人気図書のランキング(総合及びジャンル別)も掲載されており、総合ランキング第1位は米国の作家ジェフ・キニー氏の『グレッグのダメ日記』シリーズでした。日本関係書籍では『假面飯店』(東野圭吾氏の『マスカレード・ホテル』の中国語版)が第9位となっています。

また、本報告書には、「閲讀力」(読書力)の2020年調査結果もまとめられており、地域別の一人当たり平均蔵書数・貸出冊数・来館回数や、貸出カードの所持率などが紹介されています。

韓国国立子ども青少年図書館、人工知能(AI)・仮想現実(VR)・拡張現実(AR)を取り入れた体験型読書サービスの提供を開始

2021年4月1日、韓国国立子ども青少年図書館が、人工知能(AI)・仮想現実(VR)・拡張現実(AR)といった新技術を取り入れた新しい体験型読書サービスの提供を開始したと発表しています。第4次産業革命時代の子ども・青少年に、「読む」読書から「楽しむ」読書へと拡大された体験環境を提供することが目的です。

「こども資料室」等に備えられる「AI音声認識読書ロボット」では、子ども向けの童話・童謡・映像等約800種類の様々なコンテンツとAI・図書を融合させた面白い読書を提供します。

また、同館のメイカースペース「未夢所(未来の夢・希望創作所)」では、AI・VRといった技術を用いて読書活動を支援するとし、絵本を直接見て読んでくれる「AI読書ロボット」を備えて、文字を読めない子どもが読書を体験して興味を持ってくれるよう支援するとしています。

その他、韓国国立中央図書館(NLK)が製作した保護者を対象としたVR図書館や、コロナ禍で来館できない利用者が、図書館のウェブサイトを通じARを用いた読書体験ができるサービス等も提供されます。

米国図書館協会(ALA)図書館史ラウンドテーブル (LHRT) 、2021年度の小論文賞を発表:若者の読書を刺激するための公共図書館でのオーサービジットの発展

2021年3月30日、米国図書館協会(ALA)図書館史ラウンドテーブル (LHRT) 、2020年度の小論文賞(Justin Winsor Library History Essay Award)を発表しました。

選ばれたのは、米・アイオワ大学図書館情報学部の准教授Jennifer Burek Pierce氏による“More Than a Room with Books: The Development of Author Visits for Young People in Mid-Century U.S. Public Libraries”です。

ALAの戦後計画委員会(Post-War Planning Committee)の一次資料や同時代の地方紙の記事をもとに、ニューアーク公共図書館のヤングアダルトサービス担当の図書館員であったBeatrice Schein氏が、第二次世界大戦後の図書館現場の現代化のためのALAの指令を超えただけでなく、他の公共図書館員が見習うべきロールモデルとなったことを徹底的に証明したものです。その結果、若い読者に刺激を与えるために、オーサービジットという活動が始まったとしています。

神戸市立新長田図書館、本と仕事のトークシリーズ「働きナガタ、読みナガタ」を開催:地域で活躍する読書好きを招き、愛読書や普段の仕事について紹介してもらう企画

2021年4月2日、神戸市立新長田図書館が、本と仕事のトークシリーズ「働きナガタ、読みナガタ」を開催すると発表しています。

長田で活躍する読書好きの人を招き、子どものころに夢中になって読んだ本や愛読書について語ってもらうとともに、普段のお仕事についても紹介してもらうトークシリーズで、年6回、隔月での開催が予定されています。

第1回目は4月25日で、長田区長が登壇します。

参加費は無料ですが、定員は10人(当日先着順)です。

本と仕事のトークシリーズ「働きナガタ、読みナガタ」の開催(神戸市,2021/4/2)
https://www.city.kobe.lg.jp/a09222/kosodate/lifelong/toshokan/kisyahappyou/20210402.html

【イベント】オンライン学習会「コロナ禍での読書と子どもの本の可能性―公共図書館と子どもの本専門店の現場から聞く―」(4/10・オンライン)

2021年4月10日、日本国際児童図書評議会等の主催により、オンライン学習会「コロナ禍での読書と子どもの本の可能性―公共図書館と子どもの本専門店の現場から聞く―」が開催されます。

講師は、埼玉県三芳町立図書館長の代田知子氏と、子どもの本専門店であるハックルベリーブックス店長の奥山恵氏です。新型コロナウイルス感染症感染拡大下における読者対応や、子どもの本の可能性、現場から見た、作家等の子どもの本の関係者に期待したいことについて講演が行われます。

参加費は無料で、事前の申し込みが必要です。

【参加者募集】オンライン学習会「コロナ禍での読書と子どもの本の可能性」(フォーラム 子どもたちの未来のために)(日本国際児童図書評議会, 2021/3/22)
https://jbby.org/koza/post-11058

E2365 - 本を通じたコロナ禍でのコミュニティ形成:聖学院大学の取組

聖学院大学(埼玉県)は,本学が運営するウェブサイト「&Seig」(あんど・せいぐ)に,新たなコンテンツとして『Bookyard あなたと出会う、本の中庭』(以下「Bookyard」)を創立記念日である2020年10月31日に公開した。

沖縄市立図書館(沖縄県)、市内中学校の卒業生全員に卒業祝いとして電子図書館のIDとパスワードをプレゼント

沖縄県の沖縄市立図書館が、2021年3月6日に行われた市内中学校の卒業式にあわせ、2月2日から同館がサービスを開始した電子図書館のIDとパスワードを、卒業祝いとして卒業生にプレゼントしたと地元紙が報じています。

中学卒業祝いに電子図書館のIDとパスワード 沖縄市(琉球新報,2021/3/22)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1290685.html

ページ