読書

図書館の本を読んで球場に:台湾の公共図書館がプロ野球チームと協力して読書キャンペーンを開催

2020年8月8日から9月30日までの期間、台湾の公共図書館30館において、「2020閲読全塁打」(2020読書ホームラン)というイベントが開催されます。

国立公共資訊図書館、中国信託銀行、台湾のプロ野球チーム中信兄弟の主催による台湾全土の利用者を対象としたイベントであり、以下の条件を満たせば、中信兄弟のホームグラウンドで平日に開催される試合の内野チケット引換券を貰えます。なお、引換券は一人一枚限りであり、数には上限があります。

・開催館からイベントのパンフレットを貰う
・開催館内または国立公共資訊図書館の電子書籍プラットフォームから3冊以上の書籍を借りる
・借りた書籍を読んで、本文から良いと思うフレーズを抜き出してパンフレットに書く

また、以下の条件を満たせば抽選に参加でき、当選すれば、中信兄弟の「一日VIP」として貴賓室又はファミリー席での観戦体験ができます。

・イベントのFacebookページで「いいね」を押す
・イベントで得た引換券で試合を観戦する
・引換券を持った写真を撮影し、イベントに参加した感想とあわせてイベントのFacebookページにアップロードする

中国国家図書館(NLC)、5Gの技術に基づく新たな読書を体験できるセンターを構築中(記事紹介)

2020年8月6日付けの中国・新華網の記事で、中国国家図書館(NLC)が、第5世代移動通信システム(5G)の技術に基づく新たな読書を体験できるセンターを構築中であることが報じられています。2020年末までに完成予定の新たなセンターでは、オンラインのプラットフォームを通じて図書館の中を散策したり、本をめくったりする体験ができるとしています。

また、NLCは8月6日に、5Gの技術等に基づく新たな読書モデル構築を協力して進めるため、出版物の輸出入事業等を行う中国の国有企業である中国図書進出口(集団)総公司と戦略協定を締結しました。

New 5G-based reading available at national library(新華網, 2020/8/6)
http://www.xinhuanet.com/english/2020-08/06/c_139270461.htm

日野市立図書館(東京都)、新型コロナウイルス感染拡大防止のための長期休館後に利用者の「本や読書」または「図書館」への思いを調査した結果を公表

東京都の日野市立図書館が、6月13日から30日にかけて実施した読書調査の調査報告を同館ウェブサイトに掲載しています。現在、「読書調査報告(1)」が掲載されており、「しばらく連載します」と説明されています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、同館は4月9日から6月1日まで臨時休館し、その間、市民からは様々な声が寄せられたことから、市民にとっての「本や読書」または「図書館」への思いを聞くまたとない機会と捉え、図書館およびウェブサイトにおいて調査が実施されました。

ウェブサイトで326件、図書館にて約1,900件(7/16現在回収継続中)の回答が寄せられ、現在、集計作業が進められています。

「お知らせ」の記事一覧(日野市立図書館)
https://www.lib.city.hino.lg.jp/news/announce/index.html
※2020年07月30日欄に「読書調査にご協力ありがとうございました 読書調査報告(1)・・・しばらく連載します」とあります。

神戸大学附属図書館、同大学の学生・院生を対象とした夏休み「オンライン読書室」を開室

神戸大学附属図書館が、2020年8月31日から9月4日、及び9月7日から11日の午前10時30分から正午まで、オンライン会議ツールWebexを利用して、同大学の学生・院生を対象とした夏休み「オンライン読書室」を開室します。

同館は、「オンライン読書室」について、Webex上で本を読みながら交流し、「何となく近くに人がいるという図書館のような、教室のようなオンラインの居場所」を提供することを目的とした企画である、と説明しています。「オンライン読書室」に参加する同大学の学生・院生は、まず1時間、持参した好きな本の読書を進め、残りの30分間、Webexのチャット機能により参加者同士で交流します。

「オンライン読書室」の参加には、神戸大学に所属する学生・院生が、初回のみ専用のフォームから申し込みする必要があります。開室中の入退室は自由である、と案内しています。また、「オンライン読書室」における参加者のチャットコメントのうち、発言者が公開を了承したコメントについては、個人を特定できない形で同館のTwitter等で紹介することが予定されています。

江津市図書館(島根県)、「市内書店注文サービス」を開始

島根県の江津市図書館が、「市内書店注文サービス」を開始しています。

同館において本の注文と受け取りができるサービスです。

@goutsu_lib(Twitter,2020/7/12・2020/8/3)
https://twitter.com/goutsu_lib/status/1282157187725324289
https://twitter.com/goutsu_lib/status/1290129090301722624

宇治市図書館(京都府)、「夏休み!ぬいぐるみの図書館おとまり会~新しい生活様式編~」や、3密を避けるために読み聞かせをマンツーマンで行なう「夏休みひとりじめおはなし会」を開催

京都府の宇治市東宇治図書館が、2020年8月26日、同館が入居する東宇治コミュニティセンターにおいて「夏休み!ぬいぐるみの図書館おとまり会~新しい生活様式編~」を開催します。通常の「ぬいぐるみの図書館おとまり会」に加え、ぬいぐるみに手作りマスクを付けるワークショップを行うものです。

また、宇治市西宇治図書館では、8月5日・6日・7日・12日・13日・14日に「夏休みひとりじめおはなし会」を開催します。絵本・物語などの読み聞かせを同館職員がマンツーマンで行うものです(1人15分程度・1冊まで)。3密を避け、1人ずつ個別に読み聞かせを行う催しです。

8月の行事予定(宇治市図書館)
https://www.city.uji.kyoto.jp/soshiki/10/18307.html

一般社団法人大洗観光協会(茨城県)、海水浴場「大洗サンビーチ」に海辺で無料で読書を楽しむことができる「砂浜図書館」を2020年8月23日まで開設

2020年8月1日から23日まで、茨城県の一般社団法人大洗観光協会が、同県大洗町の海水浴場「大洗サンビーチ」に、海辺で無料で読書を楽しむことができる「砂浜図書館」を開設します。

報道によると、「砂浜図書館」は新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年夏季の海水浴場開設中止が決定したことを受けて、ビーチの新しい楽しみ方を提案するために実施される試みです。「砂浜図書館」では、「大洗サンビーチ」の津波避難施設に小説や写真集など約1,000冊の提供を目標とした本棚が設置されます。読書用のいすは砂浜の日よけの下に約40席が置かれ、席の間隔を空けるなど感染防止対策も講じられています。

「砂浜図書館」は、2020年8月1日から23日の15時から18時まで開設されますが、雨天・強風の際には中止となり、「砂浜図書館」のFacebookアカウント、または大洗観光協会のTwitterアカウントでお知らせされます。

世田谷区(東京)、子どもの読書に関する実態調査報告書を公開

2020年7月29日、東京都の世田谷区立図書館が、「世田谷区子どもの読書に関する実態調査報告書」を公開したことを発表しました。

同調査は、子どもと保護者の読書状況や読書活動を把握することを目的に、5年ごとに実施されています。2019年4月1日時点で5歳児の保護者、小学校3年生・小学校6年生・中学校3年生の児童・生徒およびその保護者のうち、無作為に抽出された各500人を対象に、2019年10月1日から10月15日にかけて行われました。アンケート調査票の配布数は3,500であり、1,232件の回答が寄せられました。

報告書では、アンケート調査票の回答について、子どもと保護者それぞれの読書状況や区立図書館の利用状況、子どもの読書嗜好と保護者の活動、自由記述の内容等がまとめられています。

調査結果は、同館の今後の活動や、2021年度に行われる「第2次世田谷区立図書館ビジョン 第3期行動計画」策定における参考資料とされます。

E2281 - 津高生に本を届けようプロジェクト:学校休業期間の取組

三重県立津高等学校図書館では,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策で学校の臨時休業の中,外出を控え自宅で頑張る生徒のために,インターネットによる図書館の蔵書検索/予約サービスと自宅への本の郵送サービスを2020年5月8日から開始した。「津高生に本を届けようプロジェクト」と名付けたこの取組の経緯と結果を報告する。

韓国国立中央図書館(NLK)、過去10年間の夏季休暇期間(7月から9月)における公共図書館の貸出データの分析結果を公表

2020年7月28日、韓国国立中央図書館(NLK)が、過去10年間(2010年から2019年)の夏季休暇期間(7月から9月)における全国1,048館の公共図書館の貸出データ2億4,171万6319件分の分析結果を公表しました。

まず、貸出量は当該期間が最も多く、1月から3月、10月から12月、4月から6月、と続きますが、これは、児童生徒の夏休みや社会人の休暇による読書量の増加によるものとしています。

次に、貸出上位100件を分析した結果、申京淑『母をお願い』が最も多く貸し出され、東野圭吾『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、チョン・ユジョン『七年の夜』と続きます。

文学分野では韓国文学の人気が高く、エッセイや散文などは2010年代後半以降より多く読まれるようになったとしています。海外文学では2010年代初頭には英米文学とフランス文学が主流を占め、2017年・2018年は日本文学の人気が目立つが2019年にやや減少したとしています。

ページ