視覚障害者

【イベント】読書バリアフリーフォーラム「すべての県民に読書のよろこびを-読書バリアフリーの現状と課題-」(10/31・鳥取、オンライン)

2021年10月31日、鳥取県立図書館と鳥取県福祉保健部ささえあい福祉局障がい福祉課の主催により、読書バリアフリーフォーラム「すべての県民に読書のよろこびを-読書バリアフリーの現状と課題-」が開催されます。

鳥取県では、2021年3月に「鳥取県視覚障がい者等の読書環境の整備の推進に関する計画」が策定されていました。今回のフォーラムでは、同計画の理解を深めるとともに、図書館の利用に障害のある利用者の現状、公共図書館・ライトハウス点字図書館・ボランティア団体の取組を踏まえ、今後の鳥取県の読書バリアフリー推進に向けて進むべき方向を探るとあります。

また、会場であるとりぎん文化会館(鳥取市)では、障害に配慮した機器や資料、最新の読書アプリ等の展示が行われます。

参加費は無料であり、事前の申し込み(先着順)が必要です。会場参加(定員100人)とオンライン視聴(定員100人)の2通りの参加方法があります。

当日の主な内容は以下の通りです。

・講演『だれでも読みたい本が自由に読めるような読書環境を目指して』
講師:宇野和博氏(筑波大学附属視覚特別支援学校教諭)

・報告『「鳥取県視覚障がい者等の読書環境の整備の推進に関する計画」について』

World Wide Web Consortium(W3C)、アクセシビリティメタデータの提供に関するガイド“User Experience Guide for Displaying Accessibility Metadata 1.0”を公開

2021年9月27日付で、World Wide Web Consortium(W3C)内のグループ“Publishing Community Group”が、アクセシビリティメタデータの提供に関するガイド“User Experience Guide for Displaying Accessibility Metadata 1.0”を公開しました。

同ガイドは、出版物のアクセシビリティに関するメタデータをユーザフレンドリーな形で提供するための共通フレームワークを示すものです。アクセシブルなコンテンツの発見やユーザインターフェース(UI)技術についての他、推奨されるアクセシビリティメタデータの表示順等がまとめられています。

なお、出版物の流通に関係する、図書館およびベンダーに対しては、アクセシビリティメタデータを解釈し資料の発見を支援できる検索ツールやフィルタリングツールを作成することが推奨されています。

【イベント】文部科学省委託事業「令和3年度読書バリアフリーに向けた図書館サービス研修」(11/4・さいたま、11/5・桶川)

2021年11月4日と11月5日に、埼玉県教育委員会の主催、埼玉県立久喜図書館の主管により、文部科学省委託事業「令和3年度読書バリアフリーに向けた図書館サービス研修」が開催されます。

会場と定員は、11月4日がさいたま市文化センターで170人、11月5日が埼玉県桶川市のさいたま文学館で75人です。参加には事前の申し込みが必要であり、後日動画視聴のみの参加も可能とあります。なお、新型コロナウイルス感染拡大状況により、変更・中止の可能性があるとしています。

当日の主な内容は以下の通りです。

●11月4日
・講演「録音資料製作と音訳者に求められる技術」
安田知博氏(音訳講師・フリーアナウンサー)

・記念講演「発達障害の子供を持つ親として思うこと 子育てから学びまで」
牧野綾氏(調布デイジー代表)

・パネルディスカッション「読書バリアフリー法を活用して視覚障害者等への情報提供を 公共図書館・学校図書館・点字図書館の役割」
パネリスト:杉山雅章氏(川崎市視覚障害者情報文化センター所長)、牧野綾氏、生井恭子氏(東京都立鹿本学園)

●11月5日
・行政報告「読書バリアフリー法とその基本計画」
文部科学省

高松市、「高松市視覚障がい者等の読書環境の整備の推進に関する計画(高松市読書バリアフリー計画)(案)」へのパブリックコメントを実施中

2021年8月30日から9月30日まで、香川県の高松市が、「高松市視覚障がい者等の読書環境の整備の推進に関する計画(高松市読書バリアフリー計画)(案)」へのパブリックコメントを実施しています。

「視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する法律(読書バリアフリー法)」の規定に基づき、基本的な施策の方向性を示し、取組を推進するための指針として策定されています。視覚障害等の有無によらず、すべての市民が等しく読書を通じて文字・活字文化を享受できる読書環境の整備を目的としており、計画期間は2021年度から2025年度です。

高松市視覚障がい者等の読書環境の整備の推進に関する計画(高松市読書バリアフリー計画)(案)についてのパブリックコメントの実施について(高松市, 2021/8/30)
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/kosodate/toshokan/bariafuri-.html

E2414 - フランスにおける図書館の障害者サービスの現状と課題

2021年3月, 高等教育・研究・イノベーション省(MESRI)の「教育・スポーツ・研究監督官」(IGÉSR)は, フランスの図書館における障害者サービスの現状と課題についての調査レポート“La prise en compte des handicaps dans les bibliothèques de l’enseignement supérieur et dans les bibliothèques territoriales(高等教育機関図書館及び公共図書館における障害者配慮)”を公開した。

徳島県、「徳島県読書バリアフリー推進計画」を策定

2021年8月16日、徳島県が「徳島県読書バリアフリー推進計画」を7月に策定したと発表しています。

同計画は、視覚障害者等の読書環境の整備の推進に関する法律(読書バリアフリー法)第8条に基づき、徳島県における「視覚障がい者等の読書環境の整備の推進に関する計画」として徳島県教育委員会において策定されたものです。

計画の期間は2021年度から2025年度までの5年間で、市町村関係部局や福祉・障害者関係団体、図書館、ボランティア等と連携・協働して施策を推進するとしています。特に、読書バリアフリー推進の拠点となる点字図書館と各公立図書館、学校図書館等の連携体制を構築し、具体的な施策を推進するとしています。

生涯学習(徳島県)
https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kyoiku/shogaigakushu/
※調査・資料の項目に「2021年8月16日 「徳島県読書バリアフリー推進計画」を策定しました 」とあります。

【イベント】フォーラム「あなたも読書サポーター!本と多様な立場の読者をつなぐために」(9/5・名古屋)

2021年9月5日、独立行政法人国立青少年教育振興機構の主催により、フォーラム「あなたも読書サポーター!本と多様な立場の読者をつなぐために」が、愛知県の名古屋国際会議場で開催されます。

読書のサポートを求める人にはどのような人がいるのか、どのような支援方法があるのかを知るシンポジウムと、情報通信技術等を活用する読書サポート方法を体験する講習会が開催されます。

シンポジウムは現地参加のほか、YouTubeでの生配信での視聴が可能です。参加費は無料であり、事前の申し込みが必要です。現地参加の定員は30人(先着順)です。

当日のプログラムは以下の通りです。

・シンポジウム「本と多様な立場の読者をつなぐために」
コーディネーター:宇野和博氏(筑波大学附属視覚特別支援学校教諭)
パネリスト:
熊谷晋一郎氏(東京大学 先端科学技術研究センター准教授)
平林ルミ氏(学びプラネット代表)
丸山正樹氏(作家)

・講習会「ICTを活用する読書サポート入門編」
講師:相羽大輔氏(愛知教育大学 教育科学系 特別支援教育講座准教授)
※現地参加のみ

日本点字図書館、「にってんキッズページ」を開設

2021年8月3日、日本点字図書館が、子ども向けのウェブページ「にってんキッズページ」を開設したと、同館Twitterアカウントで発表しました。

同館の概要や活動、点字の歴史や仕組み等についてまとめられています。

@nittento(Twitter, 2021/8/3)
https://twitter.com/nittento/status/1422346478769479681

にってんキッズページ
https://www.nittento.or.jp/about/kids/index.html

参考:
日本点字図書館、紹介動画「視覚障害者の読書 日本点字図書館の活動」を公開
Posted 2018年5月16日
https://current.ndl.go.jp/node/36002

名古屋市鶴舞中央図書館、県内在住の視覚障害者を対象にオンラインでの「対面読書サービス」を開始

名古屋市鶴舞中央図書館が、2021年7月7日から、県内在住の視覚障害者を対象に、オンラインでの「対面読書サービス」を開始すると発表しています。

1月より試行していたものを本格実施するもので、ご希望の活字資料を、Zoomを用いて、1回2時間以内で行われます。利用には、パソコン・スマートフォン・タブレットからインターネットに接続でき、メールアドレスを所有していることが必要です。

ページ