視聴覚資料

【イベント】緊急フォーラム「マグネティック・テープ・アラート: 膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできること」(10/16・東京)

2021年10月16日、国立映画アーカイブ本館(東京都中央区)にて、国立映画アーカイブが主催する緊急フォーラム「マグネティック・テープ・アラート: 膨大な磁気テープの映画遺産を失う前にできること」が開催されます。

ユネスコ「世界視聴覚遺産の日」(10月27日)を記念する特別イベントであり、参加無料、定員155人(事前申込制・自由席)となっています。なお、新型コロナウイルス感染症への対応のため、定員に変更が生じる場合があるとの注意書きが付記されています。

当日の主なプログラムは次のとおりです。

・ビデオレクチャー 「Deadline 2025について」
講師:ミヒャエル・レーベンシュタイン氏(オーストリア映画博物館長、FIAF事務総長、オーストラリア国立フィルム&サウンドアーカイブ前CEO)

・トークイベント「磁気テープ映画原版の保管状況と課題」
登壇者:
押田興将氏(オフィス・シロウズ代表取締役)
奥野邦利氏(日本大学芸術学部映画学科教授)
松本圭二氏(福岡市総合図書館文学・映像課 映像管理員)
司会:
冨田美香氏(国立映画アーカイブ主任研究員)

韓国国立中央図書館(NLK)、ISSUE PAPER『ニューメディア時代の視聴覚資料デジタル保存戦略』を発刊

2021年8月30日、韓国国立中央図書館(NLK)が、ISSUE PAPERの第5号として『ニューメディア時代の視聴覚資料デジタル保存戦略(뉴미디어 시대의 시청각 자료 디지털 보존 전략)』を発刊しました。急速に変化するデジタル環境下において、視聴覚資料の長期保存方法とその方向性について調べることを目的としたものです。

同館では、1950年代のLPからデジタルファイルまでの約84万点の視聴覚資料を所蔵していますが、再生機器の製造中止や媒体の物理的劣化により、資料が事実上消失する危機に直面していることから、多様な視聴覚資料の長期保存と将来的な活用のため、継続的にデジタル化変換作業を行っています。

現在、デジタル化視聴覚資料の技術メタデータの自動抽出の実証研究を行って、これを業務プロセスに適用する方法を研究しており、今回のISSUE PAPERでは、視聴覚資料のデジタル化と技術メタデータの自動抽出過程を紹介するとともに、視聴覚資料のデジタル化過程の詳細や考慮すべき点についても提示しています。また、デジタル化された視聴覚資料の技術メタデータを自動的に抽出し、これをコンテンツのファイルと一緒に保存する長期保存戦略も説明されています。

英・デジタル保存連合(DPC)、各データタイプの保存に関する知識をコンパクトにまとめた出版物“Data Type”シリーズとして、音声・動画・画像に関する3件のレポートを公開

2021年8月24日、英・デジタル保存連合(DPC)は、音声・動画・画像の保存に関するレポート3件の公開を発表しました。それぞれのデータタイプについて、保存上の課題、ファイル形式、ファイル作成者やアーキビスト向けの助言等をまとめています。

これらのレポートは、DPCの出版物“Technology Watch”のうち、デジタル保存に関する特定のテーマをめぐる課題と解決策をコンパクトに概観する“Guidance Notes”の中の、データタイプに焦点を当てたシリーズ“Data Type”として刊行されました。

“Data Type”は、デジタル保存に取り組む人々がよく扱うデータタイプについて、デジタル保存コミュニティが有する知識の現状を紹介することを目的としています。“Data Type”の作成は、デジタル保存に関するソフトウェア開発やコンサルティング等を行うカナダの企業Artefactual SystemsのスタッフとDPCが行っており、英国原子力廃止措置機関(NDA)も協力しています。

E2414 - フランスにおける図書館の障害者サービスの現状と課題

2021年3月, 高等教育・研究・イノベーション省(MESRI)の「教育・スポーツ・研究監督官」(IGÉSR)は, フランスの図書館における障害者サービスの現状と課題についての調査レポート“La prise en compte des handicaps dans les bibliothèques de l’enseignement supérieur et dans les bibliothèques territoriales(高等教育機関図書館及び公共図書館における障害者配慮)”を公開した。

令和2年度メディア芸術連携基盤等整備推進事業の実施報告書(記事紹介)

メディア芸術に関する情報を掲載する文化庁のウェブサイト「メディア芸術カレントコンテンツ」の2021年5月19日付記事で、文化庁の「令和2年度メディア芸術連携基盤等整備推進事業」の一環として実施された「連携基盤強化事業」6事業に関し、その最終報告会の内容が紹介されています。

事業ごとに1記事、合計6記事が掲載されており、記事の末尾には当該事業の実施報告書へのリンクが掲載されています。

令和2年度 最終報告会・実施報告書「マンガ原画アーカイブセンターの実装と所蔵館連携ネットワークの構築に向けた調査研究」一般財団法人 横手市増田まんが美術財団(メディア芸術カレントコンテンツ, 2021/5/19更新)
https://mediag.bunka.go.jp/article/article-17569/

オーストラリア国立フィルム&サウンドアーカイブ(NFSA)、英・デジタル保存連合(DPC)に加盟

2021年5月19日、英・デジタル保存連合(DPC)は、オーストラリア国立フィルム&サウンドアーカイブ(NFSA)がDPCの準会員(Associate Member)として加盟したことを発表しています。

2020年のDPCメルボルンオフィスの開設に伴い、DPCのガバナンス体制の一部としてオーストララシア・アジア太平洋地域のステークホルダーグループが設けられましたが、NFSAは同グループにも参加します。同グループでは、地域内におけるDPCのプログラム開発への情報提供、DPCの戦略的方向性への意見提出といった活動が行われます。

National Film & Sound Archive joins the Digital Preservation Coalition(DPC, 2021/5/19)
https://www.dpconline.org/news/new-members-of-the-dpc/nfsa-joins-dpc

クラウドソーシングにより視聴覚資料に字幕を付与するプロジェクト“Europeana XX: subtitle-a-thon”(記事紹介)

欧州のテレビ放送アーカイブを提供する“EUscreen”の2021年5月20日付けブログ記事で、クラウドソーシングにより視聴覚資料に字幕を付与するプロジェクト“Europeana XX: subtitle-a-thon”が紹介されています。

“Europeana XX: subtitle-a-thon”はEuropeanaの関連プロジェクト“Europeana XX: Century of Change”により企画されました。オランダ視聴覚研究所(Netherlands Institute for Sound and Vision)など、独・イタリア・ポーランド・オランダの4機関による主催の下、2021年6月から7月にかけてこの4か国でオンラインイベントとして開催されます。

オンラインイベントは、視聴覚遺産や言語に関心がある人、特に翻訳者や言語教師、言語学科の学生などを対象としており、参加者は字幕編集機能付きの特別なメディアプレーヤーを利用して字幕付与作業を行います。

“Europeana XX: subtitle-a-thon”のプロジェクトページ上の記載によれば、プロジェクト実施の目的として、視聴覚資料を多言語で利用できるようにし、現在あまり利用されていない視聴覚遺産をより広く利用可能とすることを挙げています。

英国放送協会(BBC)、シェイクスピアに関するテレビ・ラジオ放送のコレクション「シェイクスピア・アーカイブ」に新規コンテンツを追加:英国の教育機関向けに無料アクセスを提供

2021年5月17日、英国放送協会(BBC)は、シェイクスピアに関するテレビ・ラジオ放送のコレクション「シェイクスピア・アーカイブ」(BBC Shakespeare Archive Resource)にコンテンツを追加したことを発表しました。

BBCは、2016年にシェイクスピアの没後400年を記念する一連のイベントを開催しました。その一環として「シェイクスピア・アーカイブ」が立ち上げられ、英国の教育機関向けに提供されてきました。

今回の発表によれば、2016年以降に放送された新コンテンツ数百点が新たに追加されたほか、英国の放送著作物集中管理団体であるERA(Educational Recording Agency)とのパートナーシップ締結が行われました。ERAとのパートナーシップにより、ERAとライセンス契約を結んでいる英国の全ての学校・大学は、ERAのプラットフォームを通じてシェイクスピア・アーカイブへの無料アクセスが可能となります。

BBCアーカイブのExecutive EditorであるPeter Rippon氏は、教育現場における音声・映像コンテンツの需要は急速に高まっているとし、BBCのアーカイブを公開する新たな方法として、ERAとのパートナーシップ締結は素晴らしい手段であるとコメントしています。

英・電子情報保存連合(DPC)、視聴覚資料のデジタル保存に関するレポート“Pragmatic Audiovisual Preservation”を公開

2021年2月23日、英・電子情報保存連合(DPC)は、視聴覚資料のデジタル保存に関するレポート“Pragmatic Audiovisual Preservation”の公開を発表しました。著者は映像資料やデジタル保存ワークフローの専門家であり、現在はデジタル保存に関するソフトウェア開発やコンサルティング等を行うカナダの企業Artefactualに勤務するAshley Blewer氏です。

同レポートは、デジタル保存の概念やアーカイブ作業の実務に関する基礎知識を有し、かつ視聴覚資料に関する専門知識を有さない実務者を対象とした実践的ガイダンスと位置付けられています。内容としては、視聴覚資料のメディアやファイル構造に関する解説、デジタル保存におけるベストプラクティス、課題の整理、各種ファイルフォーマットの解説、3機関を対象としたケーススタディー、組織タイプ別の保存シナリオ、参考文献等が含まれています。

世界の言語遺産を保存するアーカイブプロジェクト“collection Pangloss”(記事紹介)

2021年1月15日、フランス国立科学研究センター(CNRS)が、消滅の危機に瀕し、記録されていない言語の音声アーカイブプロジェクト“collection Pangloss”に関する記事を掲載しました。

同プロジェクトは、言語多様性等に関するCNRS内の研究ユニット“Langues et civilisations à tradition orale(LACITO)”により1995年から開始され、2012年に“collection Pangloss”という名称がつけられました。

記事によると、現地調査時に収集された170以上の言語の、ドキュメント、音声、ビデオ3,600件以上がコレクションに含まれています。また、提供されている録音は、全体で約780時間であり、半分近くに内容のテキストや注釈が付与されています。

また、記事の中では、専門家のニーズに応えること、より多くの人がアクセスしやすくすることを目的に、2021年1月にインターフェースを改善したウェブサイトを公開したことに触れています。その他、FAIR原則に則ったデータの提供や、2020年10月以降行っているドキュメントへのDOI付与をはじめとした、オープンサイエンスに関する取組等について述べられています。

ページ