複写

2013年1月から改正著作権法が全面施行

2012年6月に可決された改正著作権法が2013年1月1日をもって全面的に施行となります。改正法の内容は以下の5つですが、そのうち(1)と(2)が同日で施行されます。なお、(3)から(5)については、2012年10月1日から既に施行されています。

(1)いわゆる「写り込み」等に係る規定の整備
(2)国立国会図書館(NDL)による図書館資料の自動公衆送信に係る規定の整備
(3)公文書館等の管理に関する法律等に基づく利用に係る規定の整備
(4)著作権等の技術的保護手段に係る規定の整備
(5)いわゆる「違法ダウンロードの刑罰化」

デジタル化資料の図書館送信に関する改正著作権法の施行について(付・プレスリリース)(国立国会図書館 2012/12/17付けニュース)
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2012/1198457_1827.html

改正著作権法が1月から全面施行、「写り込みOK」明確化(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20121227_580502.html

参考:
E1303 - 2012年著作権法改正:図書館・公文書館の関係規定について
http://current.ndl.go.jp/e1303

テネシー州図書館・公文書館、利用者用ブックスキャナーを設置

米国テネシー州図書館・公文書館が、ブックスキャナー“Zeta Book Scanner”を設置し、利用者に対して図書や文書資料の無料コピーサービスの提供を始めたとのことです。利用者は、白黒もしくはカラーでのスキャンが可能で、スキャンした資料をUSBポートを通じてフラッシュメモリ等に保存できるようです。州政府は、通常のコピー機と比較し、上向きにスキャンができることから、図書資料の保存にも役立つとしています。

Library & Archives' New Tool Makes Research Easier (Tennessee Secretary of State 2012/8/21付けの記事)
http://tnsos.org/Press/story.php?item=399

CA1770 - 動向レビュー:図書館はデジタルカメラによる複写希望にどう対応すべきか / 鑓水三千男

 図書館資料の複写については、多くの場合、自動複製機器(以下「コピー機」という)が図書館内に設置され、当該コピー機を使用して図書館職員の監視と監督のもとで行われている。しかし、近年、図書館利用者による携帯電話のカメラ機能を利用した図書館資料の無断撮影が行われ、あるいは利用者からデジタルカメラによる撮影を認めてほしい旨の希望が出されているという。...

国立情報学研究所(NII)、NACSIS-ILLの操作マニュアル第7版を公開

国立情報学研究所(NII)がNACSIS-ILLシステムの操作マニュアルを改訂し、2012年3月29日に第7版を公開しました。なお、各参加館には4月中旬に送付する予定とのことです。

ILLシステム操作マニュアル 第7版
http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/manuals/ill7/index.html

ILLシステム操作マニュアル(第7版)を発行しました (NACSIS-ILL 2012/3/29付けの記事)
http://www.nii.ac.jp/CAT-ILL/2012/03/ill7_1.html

参考:
NACSIS-ILLの操作マニュアル改訂
http://current.ndl.go.jp/node/5730

英国図書館(BL)の新ドキュメントデリバリーサービス“BLDSS”の概要

英国図書館(BL)が2012年2月にオープン予定の新ドキュメントデリバリーサービス“British Library Document Supply Service”(BLDSS)に関する情報をウェブサイトで公開しています。2011年11月に行われたプレゼン資料では、BLDSSの概要に加え、資料のオーダー画面等も紹介されています。BLの国内代理店を務める丸善や紀伊國屋書店からは日本語による情報も提供されています。

British Library Document Supply Service (BLDSS)
http://www.bl.uk/bldss

BLDSSに関するプレゼン資料(申込画面のスクリーンショット等あり)
http://www.bl.uk/reshelp/atyourdesk/docsupply/help/bldss/roadshows/BLDSSAutumn2011.ppt

BLDSS FAQs
http://www.bl.uk/reshelp/atyourdesk/docsupply/help/bldss/faq/index.html

BLDSS Blog
http://britishlibrary.typepad.co.uk/bldss/

BLDSC文献複写サービス INCD(紀伊國屋書店)

英国図書館、国外の非商用目的研究者への文献複写に関してPublishers Licensing Societyと包括的な利用許諾契約を締結

英国図書館(BL)が、2012年1月から開始予定の国外向けドキュメントデリバリーサービス“International Non-Commercial Document Supply”(INCD)に関して、Publishers Licensing Society(PLS)と包括的な利用許諾契約(collective licence)を結んだと発表しています。これによって、BLは、英国外の非商用利用者に対して特別な固定価格で文献複写を提供できるようになるとされています。PLSは、複写や電子化のライセンス供与に関して出版社の利益を代表する団体とのことです。

New Collective Licence for International Non-Commercial Document Supply by the British Library (BL 2011/12/21付けプレスリリース)
http://pressandpolicy.bl.uk/Press-Releases/New-Collective-Licence-for-International-Non-Commercial-Document-Supply-by-the-British-Library-559.aspx

Publishers Licensing Society (PLS)

琉球大学附属図書館、ILL料金の無料化についてハワイ大学マノア校図書館と覚書を締結

琉球大学附属図書館が、米ハワイ大学マノア校図書館と覚書を締結し、2011年11月23日から、図書の相互貸借(ILL)および文献複写にかかる料金が無料になったと発表しています。期間は今後5年間とされています。

ハワイ大学マノア校図書館とのILLの無料化について(琉球大学附属図書館 2011/12/15付けニュース)
http://www.lib.u-ryukyu.ac.jp/?p=7169

University of Hawaii at Manoa Library
http://library.manoa.hawaii.edu/

英ケンブリッジ大学図書館で試験的に開架資料などの写真撮影を許可することに

英国のケンブリッジ大学図書館で、2011年10月4日から、開架の資料と、東アジア閲覧室など計5室の資料(こちらは要許可申請)を自分のカメラで撮影することが試験的に許可されているようです。撮影に料金は必要ないようですが、用途は非営利研究または個人的学習に限られるとのことです。ガイドラインによると、携帯電話のカメラ(camera phone)は認められていますが、一眼レフ、三脚、ストロボ、携帯スキャナなどの使用は禁じられているようです。なお、写本室、地図室、貴重書室の資料については2011年5月以降撮影が認められているとのことです。

Self-service photography (ケンブリッジ大学図書館 2011/10/5付けニュース)
http://www.lib.cam.ac.uk/newspublishing/detail.php?news=302

Self-service photography (PDF文書:1ページ)
http://www.lib.cam.ac.uk/specialcollections/selfserviceguidelines.pdf

参考:
E1027 - OCLC,閲覧室でのデジタルカメラの使用に関する報告書を発表
http://current.ndl.go.jp/e1027

OCLC、ILLで依頼の多い資料と謝絶理由のランキングを公開

OCLCがILL(図書館相互貸借)システム“WorldCat Resource Sharing”によるILLのランキングを2種類公開しています。1つは“Top 1,000 interlibrary loan request”というILLリクエスト件数が多かった図書・雑誌のランキングで、データ集計範囲は2009年7月1日~2010年6月30日です。2011年夏には2010年~2011年のデータに更新される予定だそうです。もう1つは“Top reasons for no”というILLリクエストの謝絶理由のランキングで、列「2010」は2009年7月~2010年6月の、列「2011」は2010年7月~2010年12月のデータです。

Top 1,000 interlibrary loan requests (OCLC)
http://www.oclc.org/us/en/resourcesharing/statistics/toprequests.htm

Top reasons for no (OCLC)
http://www.oclc.org/us/en/resourcesharing/statistics/reasonsforno.htm

WorldCat Resource Sharing facts and statistics (OCLC)

OCLC、特殊コレクションのデジタルコピー提供に関するレポートを刊行

2011年4月14日、OCLCが"Scan and Deliver: Managing User-initiated Digitization in Special Collections and Archives"というレポートを刊行したと発表しました。このレポートでは、図書館や文書館が所蔵する特殊コレクションをデジタルコピーしたいという利用者ニーズの増大に対して、さまざまな事情を抱えた各機関がどのように対応していくかという問題を扱っています。

Scan and Deliver: Managing User-initiated Digitization in Special Collections and Archives
http://www.oclc.org/research/publications/library/2011/2011-05.pdf

New Report, "Scan and Deliver: Managing User-initiated Digitization in Special Collections and Archives" (OCLC 2011/4/14付けニュース)
http://www.oclc.org/research/news/2011-04-14.htm

参考:

ページ