移動図書館

第6回全米移動図書館の日は4月13日に開催(米国)

コミュニティーとって不可欠な図書館サービスを提供している米国の移動図書館と担当職員に感謝するイベント、第6回全米移動図書館の日が、2016年4月13日に開催されるとのことです。

米国図書館協会の専用ページから、フライヤーやしおり、バナーなどがダウンロードできるようになっています。

Gear up for National Bookmobile Day 2016: free materials available(米国図書館協会,2016/2/16)
http://www.ala.org/news/press-releases/2016/02/gear-national-bookmobile-day-2016-free-materials-available

National Bookmobile Day 2016(米国図書館協会)
http://www.ala.org/offices/olos/nbdhome

参考:
“なぜ私たちは移動図書館が好きなのか?”-第5回全米移動図書館の日を動画で祝う企画が実施、作品募集中
Posted 2014年3月12日
http://current.ndl.go.jp/node/25681

第1回全米移動図書館の日、各地で関連イベント開催
Posted 2010年4月15日

シャンティ国際ボランティア会、山田町立図書館に移動図書館車を寄贈

2015年12月14日、シャンティ国際ボランティア会は、2011年7月から実施してきた「いわてを走る移動図書館プロジェクト」において、山田町豊間根仮設団地への運行を終了しました。

同仮設団地が12月末で集約となることによるもので、1月から移動図書館の活動が同会から山田町立図書館に引き継がれるにあたり、12月18日には移動図書館としてつかう乗用車が山田町に贈呈されました。

移動図書館について大事なお知らせ(山田町立図書館, 2015/11/11)
https://ilisod001.apsel.jp/yamada-library/wopc/pc/pages/Information.jsp

Facebook(いわてを走る移動図書館プロジェクト, 2015/12/14,19)
https://www.facebook.com/SVA.Mobile.Library.for.Iwate/posts/1028923643819244
https://www.facebook.com/SVA.Mobile.Library.for.Iwate/posts/1026420137402928/

【山田】図書館車を町に寄贈 東京の社団法人(岩手日報, 2015/12/19)

インドネシアの子どもたちに本を届ける「移動図書館馬」(記事紹介)

2015年10月20日付けの、Reutersの記事で、ジャワ島(インドネシア)の中部ジャワ州・Purbalinggaにある、Serang村のRidwan Sururi氏が行っている馬を用いた移動図書館の取組みが紹介されています。

Ridwan Sururi氏は、図書館や学校が乏しい地域の子供たちに本を提供し、読書推進を行っているとのことです。

記事では、この「移動図書館馬」動画も掲載されていて、馬が背の両側に本を積んだかごを担ぎ、Ridwan Sururi氏とともに、子どもたちのもとに本を届ける様子が紹介されています。記事によると、用いられている本は寄贈されたもので、馬を用いる理由は、子どもたちを惹きつけるから、とのことです。

Mobile library delivers books on horseback in rural Indonesia(Reuters, 2015/10/20)
http://www.reuters.com/article/2015/10/20/us-indonesia-mobile-library-idUSKCN0SE2UG20151020

関連:
The Indonesian horse that acts as a library(BBC News, 2015/5/6)

「楽天いどうとしょかん」が北海道で運行開始 電子図書館の利用体験も可能

2015年10月20日、楽天株式会社が10月28日から、車両型移動図書館「楽天いどうとしょかん」を北海道で運行開始することを発表しました。北海道との地域活性に向けた包括連携協定による官民共同事業の一環としての実施となっています。

移動図書館車には、1,200冊の書籍が搭載されるとのことで、かつ従来の書籍や電子書籍リーダーに加え、メディアドゥの提供によるOverDrive社のサービスを利用し、200タイトルのコンテンツを用意し、国内の移動図書館としては初めてとなるという電子図書館の利用を体験できる機会を提供するとのことです。

また、北海道が巡回先の希望照会を関係機関に行い、同社が日程調整等を担当するとのことです。また、同社の発表によると、これまでの保育園や学童保育クラブに加え、新たに病院施設や認定子ども園を巡回するほか、同社が支援している道内の児童養護施設も巡回するとのことです。

10月28日には、恵庭市黄金ふれあいセンターでオープニングイベントが開催されます。

楽天と北海道、官民共同事業として「楽天いどうとしょかん」を運行- 国内の移動図書館としては初めて電子図書館の利用体験を提供 -(楽天株式会社, 2015/10/20)
http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2015/1020_02.html

学校図書館司書が始めた自転車による移動図書館“Bibliobicicleta”(米国)

オンラインマガジンShareableで、学校図書館司書のタピア(Alicia Tapia)氏が始めた自転車による移動図書館が紹介されています。

同氏は、2013年に、自転車で牽引する無料の移動図書館“Bibliobicicleta”を開始し、サンフランシスコの公園、ファーマーズマーケット、博物館、海岸をまわっているとのことです。

Bibliobicicletaでは全ての世代・ライフスタイル・趣味に適した約100冊の本を所蔵しているとのことです。

自転車でサンフランシスコの丘を運転するのは楽ではないので、クラウドファンディング “Kickstarter campaign”で電気自動車を購入する資金を調達するとのことです。

Librarian Shares Her Love of Books with a Bike-powered Mobile Library(Shareable)
http://www.shareable.net/blog/librarian-shares-her-love-of-books-with-a-bike-powered-mobile-library

Shareable公式Twitter(2015/10/6付け)

沖縄県立図書館、粟国、南北大東、座間味、小浜島、竹富島で移動図書館を実施

沖縄県立図書館が、粟国、南北大東、座間味、小浜島、竹富島で移動図書館を実施し、その様子を2015年9月4日に図書館のウェブサイトで公開しています。

お知らせ(沖縄県立図書館)
※「6月、7月移動図書館報告(粟国、南北大東、座間味、小浜島、竹富島)(2015年9月4日)」とあります。

粟国村移動図書館の開催報告
http://www.library.pref.okinawa.jp/detail.jsp?id=39657&pageStart=0&menuid=256&funcid=2

北大東村移動図書館の開催報告
http://www.library.pref.okinawa.jp/detail.jsp?id=39658&pageStart=0&menuid=256&funcid=2

南大東村移動図書館の開催報告
http://www.library.pref.okinawa.jp/detail.jsp?id=39664&pageStart=0&menuid=256&funcid=2

座間味村移動図書館の開催報告
http://www.library.pref.okinawa.jp/detail.jsp?id=39665&pageStart=0&menuid=256&funcid=2

竹富町小浜島移動図書館の開催報告

楽天株式会社、「楽天いどうとしょかん」をフランスにて今秋から運行

2015年8月19日、楽天株式会社が、フランスのNGO「市民の絆」(Secours Populaire Francais:SPF)と共同でフランス国内の子供たちを対象に包括的な支援活動を実施することに合意したと発表しています。

第一弾として、これまで日本国内4県で運行してきた車両型移動図書館「楽天いどうとしょかん」を、海外では初めてとなるフランスにおいて今秋運行を開始するとのことです。

フランスにおける「楽天いどうとしょかん」には、日本と同様に、幼児から中学生までを対象とした書籍、フランスの絵本や児童書に加え、フランス語に翻訳された日本の絵本やマンガなど約2,000冊の本と5台の電子書籍リーダー「Kobo」を搭載するとのことです。

運行する地域としては、識字率の低い子供が多い傾向にあるフランス北部のノール県での展開を予定しており、絵本からでも本を読むことの楽しさを知ってもらう機会を提供することで、同地域における子供たちの識字率向上に寄与することを目指しているとのことです。

車両型移動図書館「楽天いどうとしょかん」をフランスにて運行開始- 現地NGOと共同で、フランスの子供たちを支援する活動を実施 -(楽天株式会社,2015/8/19)

彦根市立図書館の移動図書館「たちばな号」運用開始から50周年を迎える

2015年8月11日、滋賀県の彦根市立図書館の動く図書館(移動図書館)「たちばな号」が1965年に巡回貸出を開始してから、50周年を迎えました。

8月30日まで、彦根市立図書館ではパネル展示「たちばな号50年のあゆみ」が行われており、8月8日と9日には、「たちばな号」の見学会も行われたようです。

「たちばな号」の名前は、公募によって命名されたもので、現在は毎月16コースを巡回し、52ヵ所のサービスステーションでサービスを提供しているとのことです。

「たちばな号」巡回貸出50周年(彦根市立図書館, 2015/7/25)
https://www.hikonecity-library.jp/news/news.html#20150725-1

移動図書館たちばな号について(彦根市立図書館)
https://www.hikonecity-library.jp/guide/tachibanago.html

「広報 ひこね」 2015年7月15日号(彦根市)
http://www.city.hikone.shiga.jp/cmsfiles/contents/0000005/5610/koho0715_01.pdf
※リンクは、P.1のみのファイルです。

滋賀・彦根の移動図書館50年 「たちばな号」記念見学会(京都新聞, 2015/8/10)

沖縄県立図書館、竹富町西表島と伊平屋村で移動図書館を実施

沖縄県立図書館が、竹富町西表島と伊平屋村で移動図書館を実施し、その様子を2015年8月7日に図書館のウェブサイトで公開しています。

http://www.library.pref.okinawa.jp/topics.jsp?type=TopicsTopPage&select=%A4%AA%C3%CE%A4%E9%A4%BB
※「竹富町西表島、伊平屋村で移動図書館を開催しました(2015年8月7日)」とあります。

竹富町西表西部地区移動図書館の開催報告
http://www.library.pref.okinawa.jp/detail.jsp?id=39648&pageStart=0&menuid=256&funcid=2

竹富町西表東部地区移動図書館の開催報告
http://www.library.pref.okinawa.jp/detail.jsp?id=39647&pageStart=0&menuid=256&funcid=2

伊平屋村移動図書館の開催報告
http://www.library.pref.okinawa.jp/detail.jsp?id=39646&pageStart=0&menuid=256&funcid=2

参考:
沖縄県立図書館、与那国町と久米島町で移動図書館を実施
Posted 2015年7月24日

群馬県立図書館と群馬県立ぐんま天文台、8月12日に出現するペルセウス座流星群に合わせて連携事業を実施中

2015年8月13日まで、群馬県立図書館と群馬県立ぐんま天文台との連携事業の一環として、8月12日に出現するペルセウス座流星群に合わせ、県立図書館で資料展示が行われています。

図書館では館所蔵の宇宙や星々に関する図書資料やぐんま天文台から借用した小型天体望遠鏡、星座写真などが展示され、天文台では、図書館の天体に関する本を天文台で貸出しする「移動図書館」、県立図書館職員による天体に関する本のブックトークなどが開催されるとのことです。

参考:
ぐんま天文台・図書館連携事業「夏の夜を彩る天体ショー 発見!必見!ペルセウス座流星群」について(県立図書館)(群馬県, 2015/7/10)
https://www.pref.gunma.jp/houdou/y3700092.html

Twitter(tenmon10, 2015/8/1)
https://twitter.com/tenmon10/status/627397109977710592

ページ