標準化

国土地理院、外国人向けの地図における英語表記ルールや地図記号に関する検討結果などをまとめた「外国人にわかりやすい地図表現検討会報告書」を公開

2016年1月6日、国土地理院は、「外国人にわかりやすい地図表現検討会報告書」を公開しました。

国土地理院が2014年度に設置した、日本地図学会会長でもある法政大学デザイン工学部の森田教授を座長とする「外国人にわかりやすい地図表現検討会」の成果をまとめた資料となっています。

これまで外国人向けの地図における多言語による地名表記や地図記号に関する標準的なガイドライン類は存在しなかったとのことで、今回公開された資料は、地名及び施設名の英語表記ルール、外国人にわかりやすい地図記号、今後の課題の3つから構成されています。

●英語表記ルール
ローマ字表記から英語表記に変換するに当たり、

・置換方式(例)筑波山:Mt. Tsukuba 利根川:Tone River

・追加方式(例)月山:Mt. Gassan (置換方式は適用不能) 荒川:Arakawa River

の2つの方式のうち、置換方式を基本とすることや、置換方式とすることが難しい場合を明示し、地名を

・単体自然地名(山、川など)
・広域自然地名(山脈、山地など)
・居住地名(都道府県、市区町村、大字・字など)
・施設名(道路、橋、駅、神社仏閣、公園など)

とわけ、どの場合に追加方式を採用するか、などを示しています。

情報処理推進機構(IPA)、「共通語彙基盤 コア語彙2」をVer 2.3にアップデートし、公開

情報処理推進機構(IPA)が、共通語彙基盤の基礎をなすコア語彙および関連するドキュメントをまとめた2015年12月18日付の「共通語彙基盤 コア語彙2 (Ver 2.3)」を公開しました。

2月3日に公開されたコア語彙2.2へ寄せられた意見を基に、表現の容易性や汎用性の向上に関する変更が行われたとのことです。

共通語彙基盤 コア語彙2 (Ver 2.3)を公開しました。(IPA)
http://goikiban.ipa.go.jp/node1087

参考:
情報処理推進機構(IPA)、共通語彙基盤 コア語彙2 (Ver 2.2)を正式版として公開
Posted 2015年2月5日
http://current.ndl.go.jp/node/27936

W3Cのワーキンググーループ、 Web Annotation Data Modelの作業草案を発表

2015年10月15日、W3CのWeb Annotation Working Group(WAWG)が、“Web Annotation Data Model”の作業草案を発表しました。

“annotation”は、リソースやリソース間の関係についての情報を伝えるのに使われるもので、ウェブページ・画像・ブログの投稿へのコメントやタグが事例として含まれるそうです。

Web Annotation Data Model Draft Published(W3C,2015/10/15)
https://www.w3.org/blog/news/archives/5067?pk_campaign=feed&pk_kwd=web-annotation-data-model-draft-published

Web Annotation Data Model W3C Working Draft 15 October 2015
http://www.w3.org/TR/2015/WD-annotation-model-20151015/

WEB ANNOTATION WORKING GROUP(W3C)
http://www.w3.org/annotation/

参考:

経済産業省と情報処理推進機構(IPA)、オープンデータの情報の価値を最大化する「共通語彙基盤」への理解を広げるセミナーを全国各地で開催中

経済産業省と情報処理推進機構(IPA)は、情報の価値を最大化する「共通語彙基盤」セミナーを全国各地で開催することを発表しています。

IPAは、「共通語彙基盤」は開発・検証期から普及期に入ってきているとし、問い合わせも増加している状況から、2月に東京で開催した説明会に続き、セミナーツアーを行うこととしたようです。

セミナーは7月に福岡で開催されたほか、2015年9月3日には仙台、4日は札幌、11日は大阪で開催され、また、17日には新潟でも開催されます。

データで用いられる言葉の意味や構造を整理するとともに、それを社会で活用するためのツールの開発等を行う「共通語彙基盤」事業を推進する経済産業省とIPAが、効率的なオープンデータの構築を目指す先進自治体の事例を中心に、実際にデータを活用する方法を、デモを交えつつ説明するものとのことです。

地方公共団体や企業のオープンデータやシステムに関わる担当者や関連ベンダー、ソフト開発コミュニティ、データ構築コミュニティ等からの参加が募集されており、全国各地でセミナーツアーを行うとのことです。

セミナー開催(2015年9月3日仙台、9月4日札幌、9月11日大阪)のご案内(IPA)
http://goikiban.ipa.go.jp/node1060

セミナー開催(2015年7月14日福岡)のご案内(IPA)

E1693 - 2015年ISO/TC46国際会議<報告>

    2015年6月1日から5日まで,中国の北京でISO/TC46(International Organization for Standardization/Technical Committee 46:TC46)の国際会議が開催された。TC46は「情報とドキュメンテーション」を担当する専門委員会である。今回は,TC46総会と5つの分科委員会(Subcommittee:SC)の総会及び作業部会が開催され,日本からは計5名が参加した。筆者は第9分科委員会(SC9)の国内委員としてSC9の作業部会,総会及びTC46総会に参加した。以下SC9の会議内容を中心に報告する。

米国情報標準化機構(NISO)、SUSHI-Liteに関するテクニカルレポートのドラフトを公開、コメントを募集

2015年7月16日、米国情報標準化機構(NISO)は、SUSHI-Liteに関するテクニカルレポート”SUSHI-Lite: Deploying SUSHI as a lightweight protocol for exchanging usage via web services”のドラフトを公開し、トライアルユーザとコメントを募集しています。

このテクニカルレポートは、COUNTER(Counting Online Usage of NeTworked Electronic Resources)の指針に準拠した電子情報資源の利用統計データを交換する方法に関するもので、電子情報資源の利用統計データの自動収集に関するプロトコルSUSHIを補完するものです。

SUSHIが2007年に公開されて以来、COUNTERによる他の指標の策定、機関リポジトリの利用状況を把握する必要性、より軽量な技術の需要などがあったが、これらに対応するのがSUSHI-Liteの技術であり、将来的にはSUSHIの一部となるだろうとしています。

コメントの募集期間は9月30日までです。

NISO Releases Draft Technical Report on SUSHI Lite for Public Trial and Comment(NISO, 2015/7/16)

国立国会図書館、「ダブリンコア・アプリケーションプロファイルのためのガイドライン」の日本語訳を公開

2015年7月15日、国立国会図書館(NDL)は、「ダブリンコア・アプリケーションプロファイルのためのガイドライン」の日本語訳を公開したと発表しています。

ダブリンコア・アプリケーションプロファイルのためのガイドライン
(Guidelines for Dublin Core Application Profiles)(NDL)
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/standards/translation/dcap-guideline.htm

DCMIダブリンコアメタデータに関する基本文書(NDL)
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/standards/translation.html

米国情報標準化機構(NISO)、電子逐次刊行物の交換のプロトコルに関する推奨案を公開

2015年6月26日、米国情報標準化機構(NISO)、電子逐次刊行物の交換のプロトコルに関する推奨案“Protocol for Exchanging Serial Content (PESC) (NISO RP-23-2015)”を公開しています。

コンテンツの提供者と受益者が何を送り受け取ったかを理解する助けとなる方法の電子逐次刊行物のパッケージを扱うための最善の方法についてのガイダンスを提供しているものとのことです。

NISO Publishes Recommended Practice on Exchanging Serial Content(NISO,2015/6/26)
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=f75edf8ab10925223cfdfe1728284ad2c8c787d3

Protocol for Exchanging Serial Content (PESC)
http://www.niso.org/workrooms/pesc/

Protocol for Exchanging Serial Content (PESC) (NISO RP-23-2015)

米国国立標準技術研究所(NIST)、プライバシーリスク管理の枠組みに関するドラフト文書へのパブリックコメントを実施

米国国立標準技術研究所(NIST)が、プライバシーリスク管理の枠組みに関するドラフト文書へのパブリックコメントを実施しています。

連邦政府の情報システムのプライバシーを脅かす技術の影響をよりよく予知し、処理するためこのドラフト文書を作成したとのことです。

NIST Requests Comments on a Draft Privacy Risk Management Framework
(NIST,2015/6/2)
http://nist.gov/itl/201506_privacy_framework.cfm

NIST IR 8062 DRAFT Privacy Risk Management for Federal Information Systems(NIST)
http://csrc.nist.gov/publications/PubsDrafts.html#NIST-IR-8062

E1675 - NDLにおけるLODの作成と試行提供:ISILを対象として

E1675 - NDLにおけるLODの作成と試行提供:ISILを対象として

 国立国会図書館(NDL)は,Linked Open Data(LOD;CA1746参照)の提供とその利活用を促進するため,様々な取組を行っている。その一つとして,2015年4月27日,「図書館及び関連組織のための国際標準識別子(ISIL)」(CA1715CA1757参照)のLODを作成し,試行提供を開始した。国立国会図書館ホームページの「オープンデータセット」のページにおいて,RDF/XML形式のデータをパブリックドメインマーク付きで公開している。本稿では,既存データを元にしたISILのLOD作成から試行提供開始までの,約半年間の取組を通して得られた知見等を紹介する。

ページ