ドイツ初の全国規模の図書館キャンペーン、成功裏に終了

2008年10月24日から10月31日までの1週間、ドイツでは初の全国規模の図書館キャンペーン「ドイツは読む。集合場所は図書館(Deutschland liest. Treffpunkt Bibliothek)」が開催されました。このキャンペーンには、4,500以上の図書館がのべ15,000時間以上のプログラムを実施し、大成功に終わったとのことです。

この1週間は、24日の「図書館の日」の“Bibliothek des Jahres(Library of the Year)”の発表(受賞はバイエルン州立図書館)から始まり、31日のドイツ国立図書館(在ライプチヒ)で行われた公開パネルディスカッション「昨日の教育モデル?未来の図書館(Bildungsmodell von gestern? Die Zukunft der Bibliotheken)」(ラジオ中継あり)で、幕を閉じました。ドイツ図書館協会のベーガー(Gabriele Beger)会長は、このキャンペーンを2009年も行うべきだとしています。

„Deutschland liest. Treffpunkt Bibliothek“ zieht positive Bilanz
http://dbv.online.de/presse/2008/08-Abschlussmeldung_Deutschland_liest.pdf

Deutschland liest. Treffpunkt Bibliothek
http://www.treffpunkt-bibliothek.de/

Die Bayerische Staatsbibliothek: „Information in erster Linie“: Die Bayerische Staatsbibliothek ist die “Bibliothek des Jahres 2008“
http://www.bsb-muenchen.de/Einzeldarstellung.402+M507f69330ff.0.html

参考:
「ドイツは読む。集合場所は図書館」-大統領後援の図書館キャンペーン
http://current.ndl.go.jp/node/8065
ドイツ図書館協会、「図書館の日」に図書館カードゲームを作成・頒布
http://current.ndl.go.jp/node/9176

CA1669 - Library of the Year -良い図書館を良いと言う- / 田村俊作
http://current.ndl.go.jp/ca1669