IFLAのFRANARワーキンググループ、国際標準典拠データ番号(ISADN)の「見送り」を勧告

国際図書館連盟(IFLA)の書誌コントロール部会に属している「典拠レコードの機能要件と典拠番号(Functional Requirements and Numbering of Authority Records: FRANAR)ワーキンググループ」がこのほど、これまで検討を続けてきた国際標準典拠データ番号(International Standard Authority Data Number: ISADN)の実現可能性に関するレポートを発表し、「現状ではIFLAとしてISADNのアイデアを追求すべきではない」とISADNの見送りを勧告しました。あわせて、他の主体による関連の試みである、

・ISO/CD 27729 「国際標準名称識別子(ISNI)」
・米国、ドイツ、フランスの国立図書館やOCLCによる「ヴァーチャル国際典拠ファイル(VIAF)」

の動向を見守るとともに、典拠情報の国際共有をはかること、新しいOPAC等で典拠情報を活用することなどを勧告しています。

なお、FRANARワーキンググループの検討課題のうち典拠レコードの機能要件については、すでに典拠データの機能要件(FRAD)として発表されています。

A Review of the Feasibility of an International Standard Authority Data Number (ISADN)
http://www.ifla.org/VII/d4/franar-numbering-paper.pdf

ISO/CD 27729 - Information and documentation - International Standard Name Identifier (ISNI)
http://www.iso.org/iso/iso_catalogue/catalogue_tc/catalogue_detail.htm?csnumber=44292

VIAF: The Virtual International Authority File
http://orlabs.oclc.org/viaf/

October 17, 2008付けCatalogablogの記事
http://catalogablog.blogspot.com/2008/10/international-authority-data-number.html

参考:
E363 - IFLA,FRARの草案を公開
http://current.ndl.go.jp/e363
E640 - FRARからFRADへ: 「典拠データの機能要件」意見公募中
http://current.ndl.go.jp/e640
CA1521 - バーチャル国際典拠ファイル―その試みと可能性― / 鈴木智之
http://current.ndl.go.jp/ca1521
CA1571 - 新しい国際目録原則に向けて / 稲濱みのる
http://current.ndl.go.jp/ca1571