北海道大学はイグ・ノーベル賞関連論文を機関リポジトリで公開

北海道大学附属図書館は、同大学の中垣俊之准教授が、粘菌に迷路を解く能力があることを発見した功績で2008年のイグ・ノーベル賞認知科学賞を受賞したことを記念して、同大学の機関リポジトリHUSCAPに収録している中垣准教授の論文を紹介する特集を展開しています。

電子科学研究所の中垣准教授がイグ・ノーベル賞を受賞しました
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/feature/nakagaki_ja.jsp

The 2008 Ig Nobel Prize Winners
http://improbable.com/ig/ig-pastwinners.html

参考:
E734 - 「文頭の“The”をどう扱うか」の研究がイグノーベル賞を受賞!
http://current.ndl.go.jp/e734