ハリケーン「カトリーナ」の襲来から3年

2008年8月29日、米国のメキシコ湾岸地域に大きな被害をもたらしたハリケーン「カトリーナ」が襲来してから3年の節目と、ハリケーンの季節を迎えるに当たり、米国議会図書館(LC)は、カトリーナの教訓を今後の図書館の災害対策に生かすため、カトリーナに関する新しいウェブサイト“Learning From Katrina”を開設しました。カトリーナの被害を受けた図書館資料を救出した7名の専門家のインタビューを聞くことができます。
また、地元の大学や公共図書館では、災害対策の整備が進んでいます。

Library of Congress Announces New "Learning From Katrina" Web Page
(LCのニュースリリース)
http://www.loc.gov/today/pr/2008/08-148.html

Gulf Coast Braces for Potential Category 3 Hurricane
- American Libraries 2008/8/29付けの記事
http://www.ala.org/ala/alonline/currentnews/newsarchive/2008/august2008/gustavapproaches.cfm

参考:
E396(No.69)ニューオーリンズの図書館はいま−カトリーナから2か月
http://current.ndl.go.jp/e396
E369(No.65)ハリケーンの図書館への影響についての第1報(米国)
http://current.ndl.go.jp/e369