総務省、災害時の業務中断防止・早期復旧のための地方公共団体ICT部門向けガイドラインを策定

総務省が2008年8月21日、地震やそれに派生する火災および水害などの二次被害などにより、情報システムに障害が発生した場合であっても、地方公共団体の業務の中断を防止し、また、それを早期に復旧することを目的とした「地方公共団体におけるICT部門の業務継続計画(BCP)策定に関するガイドライン」を策定・公表しました。

また同時に、2008年7月1日時点でBCPを策定しているかどうかを地方公共団体に尋ねたところ、策定していたのは3都道府県(6.4%)、41市区町村(2.3%)だったとのことです。なお未策定の都道府県の半数が、今年度または来年度以降に策定予定と回答しています。

「地方公共団体におけるICT部門の業務継続計画(BCP)策定に関するガイドライン」の公表 - 総務省
http://www.soumu.go.jp/s-news/2008/080821_3.html