米国心理学会、NIHパブリックアクセス義務化への対応方針を見直しへ

国立衛生研究所(NIH)による助成研究のパブリックアクセス義務化に伴い、学会刊行誌の該当論文について「学会がPubMed Centralに代行して登録し、登録料2,500ドルを執筆者の所属大学に課す」と発表したばかりの米国心理学会(APA)ですが、この方針を見直すと表明し、発表した内容をすべて削除しています。

Document Deposit Policy and Procedures for APA Journals - American Psychological Association
http://www.apa.org/journals/authors/pubmed-deposit.html

July 16th, 2008付けDigitalKoansの記事
http://digital-scholarship.org/digitalkoans/2008/07/16/apa-backs-off-2500-per-article-pubmed-central-deposit-fee/

参考:
米国心理学会、NIH助成研究のOA化費用として2,500ドルを大学に課すことに
http://current.ndl.go.jp/node/8312