NISOとALPSP、共同で雑誌論文の“Version”に関する勧告を公表

米国情報標準化機構(NISO)と学会・専門協会出版協会(ALPSP)が共同で、雑誌論文のVersion(版)に関する勧告“Journal Article Versions (JAV):Recommendations of theNISO/ALPSP JAV Technical Working Group”を公表しています。
勧告では論文のVersionについて、「著者オリジナル(Author's Original)」「審査中の投稿された原稿(Submitted Manuscript Under Review)」「受理された原稿(Accepted Manuscript )」「査読中(Proof)」など、時間や付加価値などを基準に、7つの段階を設定しています。またVersion適用の具体例のほか、各Version間の関係および雑誌投稿以降のVersion(本文中では“Formal Literature”と表示)とワーキングペーパー、プレゼンテーションなど(“Gray Literature”と表示)との関係について、図を用いて示しています。

NISO/ALPSP Committee Releases Best Practices for Journal Article Versions
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=8a7904a59c448610fac0949fcde7d7d1de9923d7

Journal Article Versions (JAV):Recommendations of the NISO/ALPSP JAV Technical Working Group
http://www.niso.org/publications/rp/RP-8-2008.pdf

参考:E793 - リポジトリ内コンテンツのversionを明確にするために
http://current.ndl.go.jp/e793