外国情報監視法改正法案(2008)下院で可決-ALAは失望の意を表明

令状なしで外国に居住する外国人の情報活動を電子的な手法で監視することを可能とする内容を含む外国情報監視法(FISA)改正法案(2008年版)が、2008年6月20日に下院で賛成多数により可決されました。北米研究図書館協会(ARL)や他の市民団体などとともに、同法案に対し慎重な議論を求めていた米国図書館協会(ALA)は、失望の意を表明しています。

ALA Disappointed with House Passage of FISA
http://www.ala.org/ala/pressreleases2008/june2008/fisa08.cfm

Foreign Intelligence Surveillance Act (FISA) Modernization Proposals - ARL
http://www.arl.org/pp/pscl/fisa/index.shtml
(※ARLによる、FISA改正に関するARL・図書館界の動きのまとめ)

H.R.6304
To amend the Foreign Intelligence Surveillance Act of 1978 to establish a procedure for authorizing certain acquisitions of foreign intelligence, and for other purposes.
http://thomas.loc.gov/cgi-bin/bdquery/z?d110:h.r.06304:

参考:
ALAとARL、「米国保護法」関連の法制化について書簡を送付
http://current.ndl.go.jp/node/6671

木戸裕. 【アメリカ】 外国情報監視法改正法案、上下両院で異なる内容で可決. 外国の立法. 2008.4, No.235-1.
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/legis/23501/02350102.pdf