FBI、Internet ArchiveへのNSLを取り下げる

2007年11月26日、米国連邦捜査局(FBI)がInternet Archiveに対し、ある登録利用者の氏名・住所・ウェブサイト利用履歴を提出するよう求める国家安全保障書簡(NSL)を発行し、同時に口外禁止規定(gag order)を課しました。これに対し、Internet Archive代表のケール(Brewster Kahle)氏とその弁護人を務める電子フロンティア財団(EFF)、および米国市民自由連合(ACLU)の3者が12月14日、このNSLの合憲性に疑義を唱え訴訟を起こしました。その論拠の中には、Internet Archiveがカリフォルニア州から認められている「図書館」であることも含まれていました。

この訴訟の結果、FBIは2008年4月21日、NSLを取り下げるとともに、文書の一部を公開することに合意しました。このNSL、訴訟をめぐる文書が、ACLUのウェブサイトで公開されています。またALAのロイ(Loriene Roy)会長が本件に関して、ケール氏ほかの勇気を讃え、FBIによるNSL濫用を批判するとともに、今後もNSL改正法案等でNSLの濫用と戦う活動を続けていくとのコメントを出しています。

FBI Withdraws Unconstitutional NSL Served on Internet Archive
http://www.aclu.org/safefree/nationalsecurityletters/internetarchive.html

FBI Withdraws Unconstitutional National Security Letter After ACLU And EFF Challenge - ACLU
http://www.aclu.org/safefree/nationalsecurityletters/35202prs20080507.html

FBI Targets Internet Archive With Secret 'National Security Letter', Loses - Threat Level from Wired.com
http://blog.wired.com/27bstroke6/2008/05/internet-archiv.html

FBI Gag order against the Internet Archive is rescinded - Internet Archive Forums
http://www.archive.org/iathreads/post-view.php?id=192021

FBI Withdraws Unconstitutional National Security Letter - ALA
http://www.ala.org/ala/pressreleases2008/may2008/nationalsecurityletter.cfm

参考:
E462 - 愛国者法,図書館条項を修正して成立
http://current.ndl.go.jp/e462

上下両院にNSL改正法案が提出される(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/6557

Internet Archive、図書館に認定される
http://current.ndl.go.jp/node/5804