『カレントアウェアネス』295号を発行しました。

『カレントアウェアネス』295号を発行しました。

□目次□
◆CA1650◆書誌コントロールの将来に向けたLCの取り組み / 倉光典子

◆CA1651◆アフォーダンス理論に基づく情報行動研究の可能性 / 坪井伸樹

◆CA1652◆チャットレファレンスサービスに必要な専門的能力 / 小田光宏

◆CA1653◆ISO/TR28118 「国立図書館のためのパフォーマンス指標」制定の動き / 徳原直子

◆CA1654◆情報倫理と図書館 / 後藤敏行

☆小特集☆ 北欧のコミュニティと公共図書館(CA1655-CA1657)

◆CA1655◆デンマーク / 吉田右子

◆CA1656◆ノルウェー / マグヌスセン矢部直美

◆CA1657◆スウェーデン / 小林ソーデルマン淳子

◆CA1658◆動向レビュー:情報学の知識構造を描き出す試み:ジンズによる Knowledge Map研究の概要 / 村主朋英

◆CA1659◆研究文献レビュー:今日の医学図書館 / 城山泰彦

◆CA1660◆研究文献レビュー:看護図書館 / 今田敬子

PDF版はこちら
http://current.ndl.go.jp/files/ca/ca295.pdf

[カレントアウェアネスについて]

『カレントアウェアネス』は,図書館及び図書館情報学における,国内外の近年の動向及びトピックスを解説する情報誌です。
本誌は,最新ニュースをコンパクトに提供するメールマガジン『カレントアウェアネス-E』と連携を図りながら,背景説明などの解説を加えた記事を掲載しています。また,メールマガジンではカバーしきれない累積的内容を持つトピックを取り上げています。

RSS
http://current.ndl.go.jp/ca-rss