ARL、学術雑誌の刊行形態に関する意識調査レポートを刊行

北米研究図書館協会(ARL)が、「紙のみ」「紙と電子の両方」「電子のみ」といった学術雑誌の出版形態の変化の状況について、大学図書館員や学術出版社がどのように捉えているかを調査したレポート“The E-only Tipping Point for Journals: What's Ahead in the Print-to-Electronic Transition Zone”を刊行しました。

ARL Publishes Report on Journals' Transition from Print to Electronic Formats
http://www.arl.org/news/pr/e-only-tipping-point-5dec07.shtml