米国上院、「学校図書館月間」を採択する声明

米国連邦政府上院が2007年9月7日、子どもの学業成績に学校図書館が重要な役割を果たしていることに人々の意識を喚起するべく、2007年9月を「学校図書館月間」として採択する旨の声明(resolution)を出しました。

ただ、School Library Journal誌の報じるところによれば、米国図書館協会(ALA)はこの声明を歓迎しながらも、声明は法的拘束力がなく、またこの声明により、学校図書館メディアスペシャリストの配置を求める“SKILL's ACT”の法制化の動きが鈍るおそれがあることに懸念を示しているとのことです。

S. Res. 134: A resolution designating September 2007 as "Adopt a School Library Month"
http://www.govtrack.us/congress/bill.xpd?bill=sr110-134

Adopt a School Library Month - September 2007 - Library Advocate
http://advocate4libraries.blogspot.com/2007/09/adopt-school-library-month-september.html

Senate Endorses Adopt a School Library Month - School Library Journal
http://schoollibraryjournal.com/article/CA6477813.html

参考:
E680 (No.111) - 学校図書館メディアスペシャリストの配置を求める法案(米国)
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=697