複数の大学出版会も反OA運動PRISMに反対の声

反OA運動PRISMに対しては、米国研究図書館協会(ARL)などの図書館界以外にも、米国出版社協会(AAP)会員でもあるいくつかの大学出版会からも反対の声が挙がっています。

Columbia University Pressは、PRISMの運動に納得できないとして、AAP/PSPの役員を辞任しました。Rockefeller University Pressは、PRISMがAAP会員出版社の総意ではないことを明言するようAAP、AAP加盟出版社に求める書簡を送っています。Cambridge University PressやOxford University PressもPRISMとは一線を画すと表明しています。

University-Press Leader Quit Publishers' Panel Over Anti-Open-Access Campaign
http://chronicle.com/news/article/3009/university-press-leader-quit-

PRISM: Cambridge UP distances itself
http://wwmm.ch.cam.ac.uk/blogs/murrayrust/?p=580

Thank you OUP for not supporting PRISM
http://wwmm.ch.cam.ac.uk/blogs/murrayrust/?p=546

PRISM doesn't speak for Rockefeller University Press
https://mx2.arl.org/Lists/SPARC-OAForum/Message/3941.html

参考:
AAP、学術情報流通への政府の干渉に反対する団体"PRISM"を結成
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=4055
NIH助成研究のOA化を義務付ける法案、下院を通過(米国)
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=3860
CA1600 (No.289) - 政策としてのオープンアクセス:NIHパブリックアクセス方針の現状と課題
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/ca/item.php?itemid=1033