UKSG、新たなジャーナル利用の指標Usage Factorsを提唱

英国逐次刊行物グループ(UKSG)が、インパクト・ファクター(Impact Factor)とは異なる学術雑誌(電子ジャーナル)の利用を測る指標Usage Factorsの枠組みを提唱し、その実現可能性を調査したレポートを発表しています。

Usage Factors Study - Final Report Now Available
http://www.uksg.org/usagefactors/final

Usage-based measurements of journal quality - wide-ranging study gets under way
http://www.uksg.org/usagefactors

インパクトファクターならぬ利用ファクター(Open Access Japan)
http://www.openaccessjapan.com/archives/2007/06/post_91.html