UKSG、出版社を移るジャーナルの取り扱いについてのガイドラインを公表

電子ジャーナルの発行・提供元がある出版社から別の出版社に移ることがしばしばありますが、そうした際のルールや取り決めがこれまで曖昧であったため、アクセスが保障されなかったり混乱を来たすことがありました。

そこで、英国逐次刊行物グループ(UKSG)はこうした出版社間を移動する雑誌タイトルが発生した際の、移動元の出版社と移動先の出版社の間で共有するルールやURL、DOI、アクセス権、バックファイル等の問題についてのガイドライン"Project Transfer Code of Conduct"を作成し、公開しました。

UKSG Working Group "Project Transfer" invites Publishers to sign-up to an agreed Code of Practice to Improve Procedures for Journals Transferring Between Publishers
http://www.uksg.org/transfer/press

Transfer - Papers and Presentations
http://www.uksg.org/Transfer/papers

Major publishers sign up to Project Transfer
http://www.iwr.co.uk/information-world-review/news/2190775/major-publishers-sign-project

参考:
UKSG、リンクリゾルバに関する研究報告書を公表
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=3559