FRAD、2回目のWorld Wide Review

典拠データの機能要件(FRAD: Functional Requirements for Authority Data)の概念モデルのドラフト第2版がまとめられ、7月15日までのWorld Wide Reviewに付されています。

なおこれは、従来、典拠レコードの機能要件(FRAR: RはRecordの頭文字)と呼ばれていたものですが、2005年に行ったドラフト第1版のWorld Wide Reviewで寄せられたコメントを検討し、典拠データに焦点を当てる方がよいと判断して、名称を変更したとのことです。

2nd World-Wide Review of Functional Requirements for Authority Data - Working Group on Functional Requirements and Numbering of Authority Records (FRANAR) - IV. Division of Bibliographic Control, IFLA
http://www.ifla.org/VII/d4/wg-franar.htm

参考:
E363 (No.64) - IFLA,FRARの草案を公開
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=369