米陸軍も図書館を閉鎖

米国の政府系図書館では、環境保護局(EPA)図書館ネットワークの図書館が閉鎖される事態が発生していますが、このほど、陸軍が設置した歴史ある図書館が閉鎖される事態も判明し、米国図書館協会(ALA)が連鎖反応が起こらないか、危機感を募らせています。

今回閉鎖が判明したのは、1879年に設立されたアリゾナ州のFort Huachuca図書館で、年間4万人近くの軍人とその家族が利用していました。この閉鎖により、図書館サービスを利用できなくなることに対し、ALAは陸軍省長官代行に抗議の文書を送っています。

Department of Defense Army pilot program closes Fort Huachuca Library - ALA
http://www.ala.org/ala/pressreleases2007/april2007/huachucalibrary.htm

Historic Fort Huachuca Army Library Closed - District Dispatch
http://blogs.ala.org/districtdispatch.php?title=historic_fort_huachuca_army_library_clos
http://www.ala.org/ala/washoff/woissues/governmentinfo/fedlibs/
FortHuachucaLibraryClosingLetterFinal.pdf

(※下は抗議の文書です。)

Fort Huachuca Library
http://huachuca-www.army.mil/newcomer/services/library.htm
(※Fort Huachuca 基地の紹介サイト内の図書館紹介。)

参考:
E609 (No.101) - 環境保護局図書館ネットワーク存続の危機(米国)
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=626