DOPA類似法案、イリノイ州議会に提案される

図書館や学校のPCから、子どもがソーシャルネットワーキングサービス(SNS)にアクセスできないようにするDOPA法案と類似の法案が、2007年2月9日、イリノイ州議会に提案されました。これは、州レベルでは初めてとのことです。イリノイ州図書館協会や米国図書館協会(ALA)は、インターネットの責任ある、安全な利用を教えるべきだとしてこれに反対しています。
なお同日、別の議員が、図書館協会側の主張に沿った内容で、インターネットの安全な利用法を学校で教育することを義務付ける法案を提出しています。

95TH GENERAL ASSEMBLY
State of Illinois
2007 and 2008
SB1682
(Social Networking Website Prohibition Act法案)
http://www.ilga.gov/legislation/95/SB/09500SB1682.htm
95TH GENERAL ASSEMBLY
State of Illinois
2007 and 2008
SB1472
(Internet Safety Education Act法案)
http://www.ilga.gov/legislation/95/SB/09500SB1472.htm

Son of DOPA? Social Networking Bill in Illinois May Be Replicated Elsewhere - Library Journal
http://libraryjournal.com/article/CA6417241.html
February 20, 2007付けTame The Webの記事
http://tametheweb.com/2007/02/hurrah_a_better_bill_out_of_il.html

参考:
DOPA法案、議会に再上程(米国)
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=2964