PR上手の図書館は?−2007図書館PR賞(米国)

19世紀末〜20世紀初頭の米国図書館界の指導的人物・デイナ(John Cotton Dana)にちなみ、米国図書館協会(ALA)傘下の図書館管理・経営協会(LAMA)は毎年、図書館のPRで大きな実績を示した図書館を表彰する“John Cotton Dana Library Public Relations Award”を選定しています。この2007年版を受賞した7つの図書館が、LAMAから発表されました。

・Brooklyn Public Libraryの幼児向けリテラシープログラム“Brooklyn Reads to Babies”
http://www.brooklynpubliclibrary.org/first5years/

・Douglas County Librariesによる、劇団・劇場と連携し、本の世界とつながった芝居を提供する子ども向け「本から芝居へ」(“Page to Stage”)プログラム
http://douglascountylibraries.org/Programs%20&%20Events/index.php?pageName=dinosaurs

・IMLSが主導する“The Big Read”の一環として、Huntsville-Madison County Public Libraryが実施した読書プログラム“he Big Read: Huntsville Reads ‘The Great Gatsby’”
http://hpl.lib.al.us/thebigread/
(※すでに2006年のウェブサイトはなく、2007年の同プログラムのものになっています。)

・Milner Library at Illinois State Universityに「憑いている」という、初代館長の「幽霊」探しキャンペーン“Honoring Illinois State University’s First Librarian Angeline ‘Ange’ Vernon Milner”
http://www.library.ilstu.edu/page/1073
http://www.dailyvidette.com/media/paper420/news/2004/10/27/
HalloweenGuide/Angie.Milner.The.Woman.The.Librarian.The.Ghost-782131.shtml

(※キャンペーンそのもののウェブサイトはなくなっていました。下のリンクは館長の幽霊に関する新聞記事です。)

・Ocean County Libraryによるハリケーン「カトリーナ」被災図書館救援キャンペーン“Hurricane Katrina--Partners in Caring”
http://www.oceancountylibrary.org/HUH/PressReleases0706/hancockBenefit.htm
http://tomsrivertimes.micromediapubs.com/news/2006/0923/Front_Page/003.html
(※キャンペーンそのもののウェブサイトはなくなっていました。下のリンクはキャンペーンを紹介する新聞記事です。)

・ペンシルベニア州の就学前児童56万人全員に本を贈ったOffice of Commonwealth Libraries(州立図書館局)のキャンペーン“Pennsylvania: One Book, Every One Child”
http://www.paonebook.org/

・The Wyoming State Library(ワイオミング州立図書館)による州内全図書館の広報キャンペーン“Wyoming Libraries: Bringing the World to Wyoming”
http://www.wyominglibraries.org/

2007 John Cotton Dana Library Public Relations Award winners announced
http://www.ala.org/ala/pressreleases2007/january2007/JohnCottonDanaAward.htm