“エビデンス(科学的根拠)を活用する図書館”のためのサイト

2006年10月に、ニューキャッスル大学(オーストラリア)が中心となり、情報共有サイト『Libraries Using Evidence - eblip.net.au』を正式にスタートさせ、その中心となるコンテンツ"EBLIP Toolkit"の提供を始めています。

このサイトは、EBLIP(Evidence Based Library and Information Practice)の理論をよりどころにして実務及び研究活動をする図書館・図書館員をサポートすることを目的に開発されているもので、"EBLIP Toolkit"の開発自体もEBLIPの論理で進められています。

Libraries Using Evidence – eblip.net.au
http://www.eblip.net.au/
http://www.newcastle.edu.au/service/library/gosford/ebl/projects/index.html#toolkit

Anouncement (Evidence Based Library and Information Practice 2006,1:3)
http://ejournals.library.ualberta.ca/index.php/EBLIP/article/view/102/154

参考:
エビデンスベーストアプローチによる図書館情報学研究の確立
http://www.kaken-evidence.jp/index.html