英国学士院、人文・社会科学分野における研究と著作権に関するレポートを刊行

英国の人文・社会科学分野の学術会議である英国学士院(British Academy)が、人文・社会科学分野における研究と著作権に関するレポートを刊行しています。あわせて、著作権法の概要を説明するとともに、画像の複製、音源からの音楽の抽出など、研究現場でよくある作業に関し著作権法上の論点を説明するガイドラインも刊行しています。

このレポートでは、出版社や著作権者が著作権法の誤解に基づき権利の過剰な保護を求めているとし、研究目的の例外規定を明確にすることや、“Orphan Works”を利用できるようにするための著作権調査の要件を定めることなど、10項目の提言を行っています。

Copyright and research in the humanities and social sciences - British Academy
http://www.britac.ac.uk/reports/copyright/index.html

Obstructive copyright slammed - Information World Review
http://www.iwr.co.uk/information-world-review/news/2166981/obstructive-copyright-slammed
Report Suggests U.K. Consider Regulating Licensed Content - Library Journal
http://www.libraryjournal.com/article/CA6387002.html