JISCとSURF、“Licence to Publish”を発表

英国情報システム合同委員会(JISC)とオランダの高等教育支援機関“SURF”が合同で、著者が出版社との間で交わす著作権に関する取り決めの同意書のモデル“License to Publish”を開発したと発表しています。SURFのウェブサイトからは、この同意書がダウンロードでき、著者がサインといくつかの事項を記入するだけで、利用できるようになっています。

この同意書“License to Publish”の主な特徴として、以下のようなものが挙げられています。

・出版された作品の著作権は著者に残る
・著者は出版社に出版権を認める
・その権利は出版社が作品を出版したいと示唆したときから効力を持つ
・ひとたび作品が出版されると、著者はその作品を、デジタル学術コレクション(リポジトリ)の一部として、出版社が出版したのと同じやり方で一般に公開することができる
・出版社が希望する場合には、そのような一般への公開は最大で6か月間、遅らせることができる

New international model agreement for authors published - JISC
http://www.jisc.ac.uk/Home/news/stories/2006/10/news_model_surf.aspx