京都大学、「今後の京都大学オープンコースウェアに関するタスクフォース」を設置

2022年9月16日、京都大学が、今後の京都大学オープンコースウェア(OCW)に関するお知らせを掲載しました。

お知らせの中で、全学的な事業として高等教育研究開発推進センターにおいて運用されてきたOCWであり、同センター廃止後の2022年10月以降も、公開されたコンテンツは維持すると述べられています。

また、より質の高いものとして系統的かつ積極的に発信するため、「今後の京都大学オープンコースウェアに関するタスクフォース」を設置し、年内に結論を出すことを目指し、全学的検討を始めたとしています。

今後の京都大学オープンコースウェアについて(京都大学, 2022/9/16)
https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news/2022-09-16

参考:
京都大学高等教育研究開発推進センターが2022年9月末に廃止:京都大学オープンコースウェア(OCW)の公開中コンテンツは運用を検討中
Posted 2022年8月12日
https://current.ndl.go.jp/node/46648

京都大学がYouTubeで講義などを公開
Posted 2008年4月9日
https://current.ndl.go.jp/node/7599

E1174 - オープンコースウェア誕生から10年
カレントアウェアネス-E No.193 2011.05.26
https://current.ndl.go.jp/e1174

CA1811 - 動向レビュー:MOOCの現状と図書館の役割 / 重田勝介
カレントアウェアネス No.318 2013年12月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1811