ユネスコ、ウクライナで150を超える文化財が一部または全部破壊されたと発表

2022年6月23日付で、ユネスコが、ロシアの侵攻開始以降にウクライナで152の文化財の一部または全部が破壊されたとするプレスリリースを公開しました。

ロシアによる侵攻が始まった2022年2月24日以降のウクライナにおける文化財の被害状況の調査結果が更新されたもので、70の宗教建築物、30の歴史的建造物などのほか、博物館・美術館12館、図書館7館が含まれています。被害を受けた遺産の約4分の3がドネツク、ハルキウ、キーウの3つの地域に集中しているとあります。

ユネスコは、ロシアの侵攻が始まった当初から、現地の文化専門家に建物や作品目録を保護するための技術的助言の提供、移動可能な物を保護するためのシェルターの特定などの、破壊を防ぐための一連の緊急措置を開始したとあります。また、1954年のハーグ条約で保護されていることを示す標章(ブルーシールド)の文化財への付与を支援したとしています。ブルーシールドが付与された文化財への侵害があれば国際法違反とみなされ、訴追される可能性がありますが、現在までのところ、ユネスコ世界財に登録されているウクライナの7つの遺産は、いずれも被害を受けていないとしています。

また、文化財の被害や破壊を記録し、文書化することで、事態の深刻さを警告するだけでなく、将来の復興に向けた準備も行っているとしています。

Ukraine: over 150 cultural sites partially or totally destroyed(UNESCO,2022/6/23)
https://www.unesco.org/en/articles/ukraine-over-150-cultural-sites-partially-or-totally-destroyed

関連:
Damaged cultural sites in Ukraine verified by UNESCO(UNESCO)
https://www.unesco.org/en/articles/damaged-cultural-sites-ukraine-verified-unesco?hub=66116

参考:
ユネスコと文化財保存修復研究国際センター(ICCROM)、ウクライナ・キーウのMaidan Museumと協同で文化財救出・保全に関するハンドブック“Endangered Heritage”をウクライナ語に翻訳
Posted 2022年4月27日
https://current.ndl.go.jp/node/46053

ドイツの文化・メディア連邦政府委員会、ウクライナの文化遺産保護のためのネットワークを設立
Posted 2022年4月1日
https://current.ndl.go.jp/node/45907

ポーランドの美術館・博物館ら、ウクライナの文化財の保存を支援する委員会を設置
Posted 2022年3月30日
https://current.ndl.go.jp/node/45893

ウクライナの文化遺産保護のための動き(記事紹介)
Posted 2022年3月10日
https://current.ndl.go.jp/node/45759

ロシアによるウクライナへの侵攻に対する、国立図書館・文書館・博物館および関係機関等の声明
Posted 2022年3月1日
https://current.ndl.go.jp/node/45704

E2483 - ロシアによるウクライナ侵攻に関連する図書館・博物館の状況
カレントアウェアネス-E No.433 2022.04.21
https://current.ndl.go.jp/e2483