欧州委員会出版局、欧州連合(EU)の機関による出版物等の納本制度に関する文書を公開

2022年6月1日、欧州委員会出版局(Publications Office of the EU)が、欧州連合(EU)の機関による出版物の納本制度“EU Legal Deposit Scheme”に関する文書を公開しました。

使命として、EUの機関により作成された資料を現在から将来にわたり保存し、アクセスを保証することを掲げています。収集対象は、出版物、ウェブサイト、データセット、視聴覚資料、ソーシャルメディア、プレスリリースが挙げられています。

出版物とウェブサイトについては、欧州委員会出版局の運営委員会(Management Committee)による採択の6か月後に、同制度が発効すると述べています。その他の資料については、発効までにより長い期間が設けられる可能性があるとしています。また、文書の中では、目録や識別子といった制度の要素、保存、運用等について記載されています。

EU legal deposit scheme(Publications Office of the EU, 2022/6/1)
https://op.europa.eu/en/publication-detail/-/publication/3970ecec-e222-11ec-a534-01aa75ed71a1

参考:
E1627 - 欧州文化遺産の電子化と公開,保存に関する勧告への対応状況
カレントアウェアネス-E No.270 2014.11.13
https://current.ndl.go.jp/e1627