米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)、新型コロナウイルス感染症感染拡大初期における図書館サービス等に関する調査結果を公開

2022年6月2日、米国博物館・図書館サービス機構(IMLS)が、新型コロナウイルス感染症感染拡大下における図書館サービスに関する調査結果を2件公開したと発表しました。

1件目はインフォグラフィック“How Public Libraries Adapted to Serve Their Communities at the Start of the COVID-19 Pandemic”です。コロナ禍の初期における公共図書館のサービスについて、23州の2,616館の2019年7月から2020年6月までのデータを分析した結果がまとめられています。

2件目は州図書館行政機関(SLAA)に関する調査報告書“State Library Administrative Agency Adaptations in the Initial Months of the COVID-19 Pandemic and Ongoing Trends”です。発表によると、パンデミック発生時にSLAAが図書館や市民にサービスを提供するため、他の政府機関と新たに連携したこと等が記録されています。

IMLS Releases Research on Library Services during the Onset of COVID-19(IMLS, 2022/6/2)
https://www.imls.gov/news/imls-releases-research-library-services-during-onset-covid-19

How Public Libraries Adapted to Serve Their Communities at the Start of the COVID-19 Pandemic [PDF:1.19 MB]
https://www.imls.gov/sites/default/files/2022-06/fy20-pls-infographic.pdf

State Library Administrative Agency Adaptations in the Initial Months of the COVID-19 Pandemic and Ongoing Trends [PDF:1.28 MB]
https://www.imls.gov/sites/default/files/2022-06/research-brief-slaa-covid19.pdf

参考:
E2431 - コロナ禍における米国の図書館支援政策
カレントアウェアネス-E No.422 2021.10.14
https://current.ndl.go.jp/e2431