ORCID、出版者らからの助成を受けて研究インフラへの参加格差解消に向けたプログラム“Global Participation Program”を開始

2022年5月18日、ORCIDが、出版者らからの助成を受けて研究インフラへの参加格差解消に向けたプログラム“Global Participation Program”を開始すると発表しました。

研究の可視性を向上させ、世界中の研究者および機関の管理上の負担を軽減することを最終目標とし、研究インフラにおける低代表(under-represented)地域の参加を増やすことを目的とした取組です。米国物理学協会の出版部門(AIP Publishing)、Elsevier社、PLOS社等の出版者らから100万ドルの助成を受けたとしています。

同プログラムは、コミュニティ構築・アウトリーチ活動や、技術的統合への助成を行う“Global Participation Fund”と、低所得国または中低所得国の機関に対してORCIDの会費割引を行う“Membership Equity Program”で構成されると述べています。

@ORCID_Org(Twitter, 2022/5/18)
https://twitter.com/ORCID_Org/status/1526915665629745152

ORCID Announces Launch of new Global Participation Program and $1M Global Participation Fund(EIN Presswire, 2022/5/18)
https://www.einpresswire.com/article/572359879/orcid-announces-launch-of-new-global-participation-program-and-1m-global-participation-fund

Global Participation Program (GPP)(ORCID)
https://info.orcid.org/global-participation-program/

ORCID’s GPP Launch Partners(ORCID)
https://info.orcid.org/gpp-launch-partners/

参考:
CA1740 - 動向レビュー:著者の名寄せと研究者識別子ORCID / 蔵川 圭
カレントアウェアネス No.307 2011年3月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1740