米・コネチカット州、出版社に「合理的な条件」下で図書館への電子書籍ライセンス提供を求める法案が州議会に提出される

米国の出版情報誌“Publishers Weekly”の2022年2月25日付の記事で、米国のコネチカット州の州議会に、出版社に「合理的な条件」下で図書館への電子書籍ライセンス提供を求める法案が提出されたと紹介されています。

記事によると、2月25日時点において、同様の法案の提出は米国全体で8例目であり、2州で可決され、6州は審議中です。

また、コネチカット州で提出された法案が他の州の法案と異なる点として、「合理的な条件」を「出版社のビジネスモデルと図書館サービスのための資金の効率的利用を考慮した、購入・ライセンス契約の規定」と、広く定義していることが挙げられています。

Connecticut Introduces Library E-book Bill(Publishers Weekly, 2022/2/25)
https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/industry-news/libraries/article/88625-connecticut-introduces-library-e-book-bill.html

AN ACT CONCERNING ELECTRONIC BOOK LICENSING. [PDF:2ページ]
https://www.cga.ct.gov/2022/TOB/S/PDF/2022SB-00131-R00-SB.PDF

参考:
米国のイリノイ州とロードアイランド州、出版社に「合理的な条件」下で図書館への電子書籍ライセンス提供を求める法案が州議会に提出される
Posted 2022年2月3日
https://current.ndl.go.jp/node/45589

米・ニューヨーク州知事、出版社に「合理的な条件」下で図書館への電子書籍ライセンス提供を求める法案に拒否権を行使
Posted 2022年1月4日
https://current.ndl.go.jp/node/45427

米国出版協会(AAP)、出版社に「合理的な条件」下で図書館への電子書籍ライセンス提供を求める法律に関して米・メリーランド州を提訴
Posted 2021年12月13日
https://current.ndl.go.jp/node/45321

E2422 - ライセンスは誰のために:電子書籍をめぐる米国州法の動向
カレントアウェアネス-E No.420 2021.09.16
https://current.ndl.go.jp/e2422

CA1978 - 動向レビュー:米国での電子書籍貸出をめぐる議論 / 井上靖代
カレントアウェアネス No.344 2020年6月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1978

CA1979 - 動向レビュー:欧州の図書館と電子書籍-従来の公共図書館よ、安らかに眠れ? / ベンジャミン・ワイト,井上靖代(翻訳)
カレントアウェアネス No.344 2020年6月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1979