学術出版関係機関と米国の国立研究機関、論文の著者名変更に関する連携を開始

2021年7月28日、米・ローレンス・バークレー国立研究所およびプレプリントサーバーarXivは、学術出版者や米国の国立研究機関が、論文の著者名変更に関する連携を開始すると発表しました。

参加機関は、arXivや米国化学会(ACS)をはじめとした17の学術出版関係機関・サービスと、ローレンス・バークレー国立研究所やアイダホ国立研究所といった米国の国立研究所17機関です。

発表では、今回の連携は、自身に代わって直接出版者やジャーナルに著者名変更のやり取りを行うよう、研究者が所属機関に依頼できる仕組みを提供するとしています。研究者は、あらゆるキャリア段階で、より容易に著者名の変更を行えるようになると述べられています。

Scientific Publishing Organizations and National Laboratories Partner on Transgender-Inclusive Name-Change Process for Published Papers(Lawrence Berkeley National Laboratory, 2021/7/28)
https://newscenter.lbl.gov/2021/07/28/transgender-inclusive-name-change-process-for-published-papers/

Scientific publishing organizations partner on transgender-inclusive name-change process for academic work(arXiv, 2021/7/28)
https://blog.arxiv.org/2021/07/28/scientific-publishing-organizations-partner-on-transgender-inclusive-name-change-process-for-academic-work/

Scientific Publishing Organizations and National Laboratories Partner on Transgender-Inclusive Name-Change Process for Published Papers [PDF:3ページ]
https://cpb-us-e1.wpmucdn.com/blogs.cornell.edu/dist/8/7752/files/2021/07/FINAL-arXiv-Version-Transgender-Inclusive-Name-Change-Process-Jul-28-2021.pdf

参考:
E2405 - 学術論文における著者名表記の変更:主に性自認をめぐって
カレントアウェアネス-E No.416 2021.07.08
https://current.ndl.go.jp/e2405