米国図書館協会(ALA)、図書館員のコア・コンピテンシーを示した“ALA's Core Competences of Librarianship”の改訂版の草案を公開

2021年6月17日、米国図書館協会(ALA)が、図書館員のコア・コンピテンシーを示した“ALA's Core Competences of Librarianship”の改訂版の草案の公開を発表しました。

“ALA's Core Competences of Librarianship”は2009年に策定されたものであり、ALAの教育委員会(Committee on Education)により2017年から改訂作業が行われていました。発表の中では、図書館情報学教育、図書館におけるキャリアの初期等で得られる基本的な知識を反映していると述べています。また、今回の改訂で、社会正義・公正・多様性・包摂性を組み込んだとあります。

公開された草案について、フィードバックの募集が行われています。

ALA Committee on Education seeks feedback on newly revised ALA Core Competences(ALA, 2021/6/17)
https://www.ala.org/news/member-news/2021/06/ala-committee-education-seeks-feedback-newly-revised-ala-core-competences-0

2021 Update to ALA's Core Competences of Librarianship(ALA)
https://www.ala.org/educationcareers/2021-update-alas-core-competences-librarianship

ALA’s Core Competences of Librarianship [PDF:9ページ]
https://www.ala.org/educationcareers/sites/ala.org.educationcareers/files/content/education/Draft%20-%20ALA%20Core%20Competences%202021%20Update.pdf

参考:
E896 - ALA,議論の末に「ライブラリアンのコア・コンピタンス」を定義
カレントアウェアネス-E No.145 2009.03.04
https://current.ndl.go.jp/e896