ルクセンブルク国立図書館(BnL)とTaylor & Francisグループ、3年間の転換契約を締結

2021年4月19日、ルクセンブルク国立図書館(BnL)とTaylor & Francisグループは、3年間の転換契約を締結したことを発表しました。

発表によると、契約には以下の内容が含まれています。

・ルクセンブルク大学等のコンソーシアム参加機関の研究者は、Taylor & Francisグループの“Open Select”や完全オープンアクセス(OA)ジャーナルで、合意された上限までOA出版できる。
・Taylor & Francisグループのジャーナルや記事への継続的アクセス。

また、今回の契約は、ルクセンブルク国立研究財団(Luxembourg National Research Fund:NRF)によるOAに関する指示に沿ったものであると述べられています。

National Library of Luxembourg signs transformative agreement with Taylor & Francis Group(BnL, 2021/4/19)
https://bnl.public.lu/fr/actualites/communiques/2021/open_access_publishing.html

参考:
Science Europe、研究成果物の完全で即時のオープンアクセスを実現するための公的助成機関によるイニシアチブ“cOAlition S”の開始を発表
Posted 2018年9月6日
https://current.ndl.go.jp/node/36610

CA1977 - 動向レビュー:学術雑誌の転換契約をめぐる動向 / 尾城孝一
カレントアウェアネス No.344 2020年6月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1977