WIPO開発アジェンダに関する6月の会議

2006年6月にスイス・ジュネーブで行われた、第2回WIPO(世界知的所有権機関)開発アジェンダに関する提案についての暫定委員会(Provisional Committee on Proposals Related to a WIPO Development Agenda : Second Session)において、IFLA、EIFL(図書館電子情報財団)、EBLIDA(欧州図書館・情報・ドキュメンテーション協会連合)が共同で出した声明が公開されています。知識社会の推進(特に発展途上国においてであるが、先進国においても同様に)のため、教育・研究目的の利用に対して、知的財産権の制限を加えるよう求めています。
なおこの暫定委員会では合意を形成することができず、決定は9月のWIPO総会に委ねられることになりました。

Joint Statement of IFLA, EIFL and EBLIDA on WIPO Development Agenda
http://www.ifla.org/III/clm/p1/A2K-7.htm

暫定委員会に関するWIPOからのプレスリリース、資料はこちら。
WIPO/PR/2006/453: WIPO General Assembly to Decide Future Work on a Development Agenda for WIPO
http://www.wipo.int/edocs/prdocs/en/2006/wipo_pr_2006_453.html
Provisional Committee on Proposals Related to a WIPO Development Agenda : Second Session - Meeting Documents
http://www.wipo.int/meetings/en/details.jsp?meeting_id=9766

Intellectual Property Watchによる暫定委員会の報告はこちら。
WIPO Development Agenda Talks End With No Agreement For Now
http://www.ip-watch.org/weblog/index.php?p=346

参考:
E378 (No.66) - WIPO開発アジェンダをめぐる議論
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=384
WIPO開発アジェンダ2月の会議
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=1175