台湾国家図書館、公共図書館の利用状況等に関する報告書(2020年)を発表

2021年3月19日、台湾国家図書館が、2020年の公共図書館の利用状況等に関する報告書『109年臺灣閲讀風貌及全民閲讀力年度報告』を発表していました。

公共図書館の来館者数は延べ7,969万人(前年比30.59%減)で、本を借りた人数は延べ2,220万人(前年比3.27%減)、貸出冊数は8,015万冊(前年比1.41%減)となっており、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて数値が前年から減少しています。一方で、電子書籍の貸出冊数は363万冊(前年比42.35%増)に達しました。

2020年の貸出統計に基づいた人気図書のランキング(総合及びジャンル別)も掲載されており、総合ランキング第1位は米国の作家ジェフ・キニー氏の『グレッグのダメ日記』シリーズでした。日本関係書籍では『假面飯店』(東野圭吾氏の『マスカレード・ホテル』の中国語版)が第9位となっています。

また、本報告書には、「閲讀力」(読書力)の2020年調査結果もまとめられており、地域別の一人当たり平均蔵書数・貸出冊数・来館回数や、貸出カードの所持率などが紹介されています。

109年臺灣閱讀風貌-全民防疫不停學.民眾持續展現閱讀熱力(台湾国家図書館, 2021/3/19)
https://www.ncl.edu.tw/information_236_12039.html

109年臺灣閱讀風貌及全民閱讀力年度報告 [PDF:98ページ]
https://nclfile.ncl.edu.tw/files/202104/531d83c2-e99f-46b9-9464-d21c0477a90f.pdf

参考:
台湾国家図書館、公共図書館の利用状況等に関する報告書(2019年)を発表
Posted 2020年3月4日
https://current.ndl.go.jp/node/40400

E2148 - 台湾公共図書館の利用状況と読書力:2018年報告より
カレントアウェアネス-E No.371 2019.06.27
https://current.ndl.go.jp/e2148