神戸映画資料館、所蔵アニメーションフィルムのデジタルアーカイブ事業の成果を公開:4作品の抜粋動画と古典フィルムアニメーションの所蔵リスト

2021年3月29日、神戸映画資料館(神戸市長田区)が、所蔵アニメーションフィルムのデジタルアーカイブ事業の成果を公開したことを発表しました。

同館は、日本アニメーションの揺籃期に作成されたマンガ・映画のコレクションを所蔵しており、「令和2年度文化庁メディア芸術アーカイブ推進支援事業」の助成を受けて2020年度から同事業を開始しました。背景として、コレクションの中に、長期保存のための複製やデジタル化ができていないフィルムや、題名等の情報が欠落している作品が多数あることが挙げられています。

事業の成果として、4作品の一部抜粋動画と1960年代初頭までの古典フィルムアニメーションの所蔵フィルムリストが公開されています。

神戸映画資料館
https://kobe-eiga.net/
※2021年3月29日付で、「神戸映画資料館所蔵アニメーションフィルムのデジタルアーカイブ事業」が掲載されています。

調査研究事業(神戸映画資料館)
https://kobe-eiga.net/kfpnet/
※「メディア芸術アーカイブ推進支援事業」が掲載されています。

神戸映画資料館 古典フィルムアニメーション(1960年代初頭まで)のフィルムリスト[PDF:19ページ]
https://kobe-eiga.net/kfpnet/wp-content/uploads/2021/03/planet_animation20210330.pdf

参考:
E1895 - 「日本アニメーション映画クラシックス」の公開について
カレントアウェアネス-E No.322 2017.03.23
https://current.ndl.go.jp/e1895