国立国会図書館、「国立国会図書館書誌データ作成・提供計画2021-2025」を策定

2021年3月25日、国立国会図書館(NDL)は、「国立国会図書館書誌データ作成・提供計画2021-2025」を策定して公開しました。

「国立国会図書館書誌データ作成・提供計画2018-2020」の後継となる計画であり、2021年度からの2025年度までの5年間を計画期間としています。『日本目録規則2018年版』の適用、オンライン資料からの雑誌記事索引の作成、書誌データのオープン化等の2020年度までに実現した取組をさらに発展させるとともに、「国立国会図書館ビジョン2021-2025」の趣旨を踏まえた取組を加えた内容となっています。

新着情報一覧(NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/news/index.html
※2021年3月25日付けの新着情報に「「国立国会図書館書誌データ作成・提供計画2021-2025」を掲載しました」とあります。

書誌データの基本方針と書誌調整(NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/data/basic_policy/policy/index.html
※「国立国会図書館書誌データ作成・提供計画2021-2025」を含む、NDLの書誌データの作成および提供に関する基本方針を掲載したウェブページです。

国立国会図書館書誌データ作成・提供計画2021-2025 [PDF:204KB]
https://www.ndl.go.jp/jp/library/data/bibplan2025.pdf

参考:
国立国会図書館、「国立国会図書館書誌データ作成・提供計画2018-2020」を策定
Posted 2018年3月30日
https://current.ndl.go.jp/node/35774

国立国会図書館、JAPAN/MARC MARC21フォーマット変更箇所一覧および『日本目録規則2018年版』適用細則案等を公開
Posted 2020年1月22日
https://current.ndl.go.jp/node/40023

国立国会図書館、「雑誌記事索引データ(オンライン資料編)」の提供を開始
Posted 2019年11月27日
https://current.ndl.go.jp/node/39605

国立国会図書館が作成し提供する書誌データがオープンデータ化:2019年4月1日から
Posted 2019年4月1日
https://current.ndl.go.jp/node/37920

CA1951 - 『日本目録規則2018年版』のはじまり:実装に向けて / 渡邊隆弘
カレントアウェアネス No.340 2019年6月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1951