LC、逐次刊行物のアクセスレベルレコードWG最終報告書を発表

LCは、利用者の検索・発見プロセスに効果的な項目だけを記述する最小限の目録レコードとして「アクセスレベルのMARC/AACRレコード」を検討してきました。このほど、その逐次刊行物版についてのワーキンググループ最終報告書が公開されました。調査によってばらつきはあったものの、平均して25%の作業時間の短縮が見られたそうです。

Access Level Record for Serials Working Group: Finla Report
http://www.loc.gov/acq/conser/alrFinalReport.html
Access Level Record for Serials Pilot Project
http://www.loc.gov/acq/conser/access-level.html

Thursday, July 27, 2006付けCatalogablogの記事
http://catalogablog.blogspot.com/2006/07/access-level-record
-for-serials.html

参考:
E352 (No.62) - LCによるウェブ情報資源の新しい目録記述法
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=358