米国南東部研究図書館協会(ASERL)、デジタル資料の“Controlled Digital Lending”導入を検討する図書館向けに法的・技術的な考慮事項等を解説したガイドを公開

2021年2月24日付で、米国南東部研究図書館協会(ASERL)は、デジタル資料の“Controlled Digital Lending”(CDL)導入を検討する図書館向けに法的・技術的な考慮事項等を解説したガイドとして、“Future Thinking: ASERL’s Resource Guide to Controlled Digital Lending for Research Libraries”を公開しました。

同ガイドは、「図書館が、物理的な資料に代わってデジタル資料を、制御された方法により貸出に供することを可能にする」技術として2011年頃から提唱され、法的側面等を詳述した2018年のホワイトペーパー発表により米国図書館界で理解が進んだCDLについて、導入を検討する図書館向けに考慮すべきポイントを説明する内容です。用語の定義・新型コロナウイルス感染症の感染拡大との関連・出版社や著者団体による反対の動き・著作権法上の考慮事項・導入に当たってのリスク評価・資源共有(Resource Sharing)に与える影響等が概説されています。

@ASERLJEB(Twitter,2021/2/24)
https://twitter.com/ASERLJEB/status/1364539376458493955

ASERL Publishes “Future Thinking” Resource Guide to Controlled Digital Lending for Research Libraries [PDF:142KB](ASERL,2021/2/24)
http://www.aserl.org/wp-content/uploads/2021/02/NEWS__ASERL_Publishes_CDL_Resource_Guide__PDF.pdf

Future Thinking: ASERL’s Resource Guide to Controlled Digital Lending for Research Libraries [PDF:7ページ](ASERL)
http://www.aserl.org/wp-content/uploads/2021/02/Future_Thinking__ASERL_CDL_Resource_Guide__PDF.pdf

関連:
A White Paper on Controlled Digital Lending of Library Books(Controlled Digital Lending by Libraries)
https://controlleddigitallending.org/whitepaper

参考:
CA1978 - 動向レビュー:米国での電子書籍貸出をめぐる議論 / 井上靖代
カレントアウェアネス No.344 2020年6月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1978

E2357 - ウィズ・コロナ時代の北米の大学図書館サービス<報告>
カレントアウェアネス-E No.408 2021.02.18
https://current.ndl.go.jp/e2357

Internet Archive(IA)、大手出版社4社の著作権侵害訴訟に対する答弁書を提出:“Controlled Digital Lending(CDL)”による電子書籍貸出の適法性を主張
Posted 2020年8月3日
https://current.ndl.go.jp/node/41641

米・SPARC、Internet Archive(IA)による“Controlled Digital Lending”に基づく事業への支持を表明
Posted 2020年7月1日
https://current.ndl.go.jp/node/41392