大阪市立中央図書館、地下1階左閲覧室を全面的にリニューアルし、参加・交流を志向した空間「Hon+α!(ほな!)」を開設:整備には「森林環境譲与税」を活用

大阪市立図書館は、中央図書館地下1階左閲覧室を全面的にリニューアルし、参加・交流を志向した空間として整備した「Hon+α!(ほな!)」を、2021年3月6日に開設すると発表しました。

「Hon+α!(ほな!)」は、「大阪市立中央図書館施設活用構想」(令和元年9月策定)で掲げる「市民参加・市民交流のできる空間」「新しい機能のある利便性の高い空間」「新しい魅力のある空間」「インターネット接続が保障された空間」「明るく外から見える空間」の5点を基本方針として整備されたほか、「おおさか河内材」を使用して日本の木材の良さを活かした家具等を設置することで、国産木材の普及啓発に努めるとともに、居心地のよい公共空間を形成したと説明されています。また、本などの資料だけでなく、ワークショップなどを通して、人やネットワーク情報との新しい出会い、また未知の発見がある場所をめざすとしています。

3月6日は、オープニングセレモニーと事前申込制のワークショップが行われ、翌3月7日から一般公開されます。

「Hon+α!(ほな!)」の整備にあたっては、国産木材を積極的に活用し、大切な森林を守るために創設された「森林環境譲与税」が活用されています。

中央図書館地下1階に新たな空間「Hon+α!(ほな!)」がオープンします(大阪市立図書館,2021/2/26)
https://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=jorxzde01-510#_510

報道発表資料 大阪市立中央図書館地下1階に新たな空間「Hon+α!(ほな!)」がオープンします(大阪市,2021/2/26)
https://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kyoiku/0000524748.html

関連:
森林環境税及び森林環境譲与税(林野庁)
https://www.rinya.maff.go.jp/j/keikaku/kankyouzei/kankyouzei_jouyozei.html

参考:
大阪市立中央図書館、「大阪市立中央図書館施設活用構想」を策定
Posted 2020年1月8日
https://current.ndl.go.jp/node/39902

大阪市立住吉図書館・西淀川図書館・平野図書館、IKEA鶴浜からの家具・インテリア雑貨の寄附を受け、子ども向けスペースを改装:配色・レイアウトも共同で検討
Posted 2020年10月13日
https://current.ndl.go.jp/node/42244

E2164 - 県立長野図書館「信州・学び創造ラボ」の整備と現状
カレントアウェアネス-E No.374 2019.08.08
https://current.ndl.go.jp/e2164

E2091 - あらゆる人が集う場所に:英・公共図書館建築の優良事例から
カレントアウェアネス-E No.360 2018.12.20
https://current.ndl.go.jp/e2091