CDNLAOニュースレター、最新号で「COVID-19パンデミック下の図書館サービス」を特集:5か国の国立図書館におけるサービスを紹介

2021年2月25日、国立国会図書館(NDL)は、NDLが編集するCDNLAO(アジア・オセアニア国立図書館長会議)の英文ニュースレター“CDNLAO Newsletter”第97号を公開しました。

特集として「COVID-19パンデミック下の図書館サービス」を取り上げており、中国、インドネシア、日本、パプアニューギニア、シンガポールの国立図書館によるサービスを紹介する以下の記事を掲載しています。

中国:“Actions Taken by the National Library of China under the Pandemic”
インドネシア:“Online Library Services: Smart Solution from National Library of Indonesia to Face Pandemic Issue”
日本:“Offering user services and information from the National Diet Library to the public under the spread of COVID-19”
パプアニューギニア:“2020 National Book Week Activity Report”
シンガポール:“Documenting COVID-19 in Singapore”

新着情報(NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/news/index.html
※2021年2月25日付けのニュースに「CDNLAO Newsletter (英文) No. 97を掲載」とあります。

CDNLAO Newsletter(No.97, February 2021)
https://www.ndl.go.jp/en/cdnlao/newsletter/index.html

参考:
E2311 - 各国の国立図書館におけるCOVID-19の影響に関する調査結果
カレントアウェアネス-E No.400 2020.10.15
https://current.ndl.go.jp/e2311

E2284 - 各国の図書館における新型コロナウイルス感染症への対応例
カレントアウェアネス-E No.395 2020.07.30
https://current.ndl.go.jp/e2284