saveMLAK、「COVID-19の影響による図書館の動向調査(2021/02/07)」の結果を発表

2021年2月9日、saveMLAKが、「COVID-19の影響による図書館の動向調査(2021/02/07)」の結果を発表しました。

同調査は、2021年1月11日にsaveMLAKが結果を公開した第14回調査に続く、第15回目の調査として、2021年2月5日10時から2月7日18時にかけて実施されました。調査対象は、全国の公共図書館等1,726館です。

発表によると、新型コロナウイルス感染症の影響で91館、災害により6館が休館しており、開館時間を短縮している館は98館です。また、「各図書館の状況・取り組み」として、各館の感染症対策、図書の宅配サービスを始めとした新規サービスの開始、電子図書化案の提供開始、ウェブサイトで提供されているコンテンツ等がまとめられています。

同調査のデータは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのCC0で公開され、saveMLAKのウェブページからダウンロードできます。また、調査の根拠となったウェブページの中で、可能なものはInternet ArchiveとArchive todayに保存され、調査時点のページを閲覧できます。

saveMLAK:プレス(saveMLAK)
https://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9
※2021年2月9日付で「COVID-19の影響による図書館の動向調査(2021/02/07)について」が掲載されています。

COVID-19の影響による図書館の動向調査(2021/02/07)について(saveMLAK)
https://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9/20210209

参考:
saveMLAK、「COVID-19の影響による図書館の動向調査(2021/01/11)」の結果を発表
Posted 2021年1月12日
https://current.ndl.go.jp/node/42952

E2283 - 現在(いま)をアーカイブする:COVID-19図書館動向調査
カレントアウェアネス-E No.395 2020.07.30
https://current.ndl.go.jp/e2283

新型コロナウイルス感染症による都道府県立図書館・政令指定都市立図書館・国立国会図書館への影響(第11報)
Posted 2020年6月8日
https://current.ndl.go.jp/node/41156

新型コロナウイルス感染症による市区町村立図書館への影響:都道府県立図書館が情報提供を実施中
Posted 2020年3月2日
https://current.ndl.go.jp/node/40380