ポルトガル科学技術財団(FCT)がcOAlition Sに参加:参加機関は26に

2021年1月26日、cOAlition Sは、ポルトガル科学技術財団(Fundação para a Ciência e a Tecnologia:FCT)が新たに参加機関に加わったことを発表しました。

FCTは1997年に設立されたポルトガル国営の研究助成機関です。cOAlition Sはプレスリリースの中で、ポルトガルではFCTの下で先進的なオープンアクセス(OA)推進の取り組みが進んでおり、FCTは「プランS」の支持によりさらにその取り組みを加速させること、cOAlition SはFCTの参加により欧州におけるOA推進のための研究助成体制が強化されたことなどを紹介しています。

また、cOAlition SのExecutive DirectorであるJohan Rooryck氏は、「プランSの発効直後で、ポルトガルが欧州連合理事会の議長国にいるという大変良いタイミングでFCTの参加が叶い喜ばしく思う。他の多くの欧州諸国がcOAlition Sに参加し、公的助成を受けた研究成果物の完全即時OA化を実現できるように、模範となってくれることを願っている」とコメントしています。

FCTの参加により、cOAlition Sの参加機関数は26となりました。

Portugal’s national funding agency for science, research and technology joins cOAlition S(cOAlition S,2021/1/26)
https://www.coalition-s.org/fct-joins-coalition-s/

FCT is set to implement Plan S(FCT,2021/1/25)
https://www.fct.pt/noticias/index.phtml.en?id=618&/2021/1/FCT_is_set_to_implement_Plan_S

関連:
Open Access Policy(FCT)
https://www.fct.pt/acessoaberto/

参考:
CA1990 - 動向レビュー:プランS改訂版発表後の展開―転換契約等と出版社との契約への影響 / 船守美穂
カレントアウェアネス No.346 2020年12月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1990

米ハワード・ヒューズ医学研究所(HHMI)、Plan Sに準拠した2022年1月発効の新オープンアクセス方針とcOAlition Sへの参加を発表
Posted 2020年10月5日
https://current.ndl.go.jp/node/42178

南アフリカ医学研究会議(SAMRC)がcOAlition Sに参加:参加機関は24に
Posted 2019年11月8日
https://current.ndl.go.jp/node/39468

SCOAP3にポルトガルも参加
Posted 2010年2月19日
https://current.ndl.go.jp/node/15818