米・カーネギーメロン大学のCyLab、ウェブサイトのプライバシーポリシーからオプトアウト条項を自動抽出するブラウザ拡張機能“Opt-Out Easy”を開発し公開

2021年1月12日、米・カーネギーメロン大学の情報セキュリティ・プライバシー研究拠点“CyLab”は、同拠点の研究開発の成果により、ウェブサイトのプライバシーポリシーからオプトアウト条項を自動抽出するブラウザ拡張機能“Opt-Out Easy”が利用可能となったことを発表しました。

多くのウェブサイトは訪問したユーザーに対して、データの収集や利用をオプトアウトする選択肢を設けていますが、こうした条項はしばしば長く専門用語に満ちており、ユーザーが容易に確認できない状態にあります。Cylabの研究チームは機械学習技術の活用により、ウェブサイトのプライバシーポリシーからオプトアウト条項の自動抽出と分類が可能であることを、2020年4月に台湾の台北で開催されたワールド・ワイド・ウェブに関する国際会議“The Web Conference 2020”で報告しました。

“Opt-Out Easy”はこの研究の成果を活用して、Cylabが米・ミシガン大学情報学部(School of Information)と共同開発したブラウザ拡張機能であり、Google Chromeのユーザー向けに無料で提供されています。ユーザーが“Opt-Out Easy”のアイコンをクリックすると、訪問中のウェブサイトのプライバシーポリシーに記載されたオプトアウト条項へのリンクが表示され、分析対象からの除外・広告メールの制限等を行うことができます。

一連の研究は、カーネギーメロン大学・ミシガン大学・ペンシルベニア州立大学・スタンフォード大学の共同研究プロジェクト“Usable Privacy Policy Project”の一環として取り組まれました。

What if opting out of data collection were easy?(CyLab,2021/1/12)
https://cylab.cmu.edu/news/2021/01/12-opt-out-easy.html

New Study, Browser Extension Help Users Understand Opt-Out Options(Carnegie Mellon University School of Computer Science,2021/1/13)
https://www.cs.cmu.edu/news/new-study-browser-extension-help-users-understand-opt-out-options

Opt-Out Easy(chrome web store)
https://chrome.google.com/webstore/detail/opt-out-easy/hikefgklfabiiecechanbafeficfojik

関連:
Kumar, Vinayshekhar Bannihatti. et al. Finding a Choice in a Haystack: Automatic Extraction of Opt-Out Statements from Privacy Policy Text. WWW '20: Proceedings of The Web Conference 2020. 2020, p. 1943-1954.
https://doi.org/10.1145/3366423.3380262

参考:
米・カーネギーメロン大学のCyLab、オンライン地図上でIoTデバイスの存在・データ収集方針・データ収集の実施状況等の確認が可能なスマートフォン用アプリを開発
Posted 2021年1月4日
https://current.ndl.go.jp/node/42901

日本図書館協会(JLA)図書館の自由委員会、「デジタルネットワーク環境における図書館利用のプライバシー保護ガイドライン」を公表
Posted 2019年6月17日
https://current.ndl.go.jp/node/38369

CA1987 - 協学を支援するための新たな学習ハブとしての大学図書館の実現に向けた九州大学の取り組み / 内山英昭
カレントアウェアネス No.346 2020年12月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1987